2007-11-19

浪漫

総合科目の『エネルギーを考える』というやつで、大学の中央機械室を見に行きました。みんなしてベヘリットもといヘルメットなんかつけちゃってねーもう、完全に社会科見学のノリですよー。
ちなみに 西ループのほうにある高っかい煙突の建物のことね。

なにがあるって、全学の電気供給系とか、集中暖房用のでっかいガスボイラーとか、上/中水道用の受水槽とか、配管とか。ようは大学のエネルギー中枢。ザ・コア ですな。
# エネルギー・コアって、響きかっこよくない? SFちっくな。
# たいていは破壊の対象にされてる気もするけどよ。

んんー! やっぱロマンだよねっ! なんていうかっ!
66kVの特高トランス。とても心が躍ります。
緊急用のディーゼル発電機。でかい。さすが!(なにが
制御室の壁にずらり並んだ計器類とかもう、わくわくてかてか。

これがそのボイラー。手前の自転車やけにシュール。

# でも変圧油いまだにPCBなんだってね。どの設備もみんな30年前仕様ってどうなん。

そんで最後に共同溝に入る。共同溝って、の地下道のこと。
これすごい。とりあえず狭い。階段もピッチがきつい。あと水がしたたってる。で照明はちょっと古びた蛍光灯。いいねっ!

できればメインの通路まで出て四学の看板とか見たかったんだけど、ざんねんここで時間切れ。
だいよんがくぐん~……

0 個のコメント。書きます?: