2007-12-05

真夜中は、ジュンケツ

(みぽの日記よりつづき。みくし見れないひとはごめんねー。だれかに見せてもらったりしてくださいな)



Yは、Yがいらないと寄越した三つ葉を咀嚼しつつ、ある疑問を抱いていた。
「なぜ、かつおぶしを、おかか と呼ぶのだろうか?」
大いなる謎であった。


とりあえず、皆が三つ葉を嫌いでいるらしいことがわかりました。
「ハーブみたいなもんじゃん」って言ったら、「ハーブってくさいしやだ」って言われた。ひどい。


そんなかんじに、ばんどう太郎でお腹を満たした一行であります。かつ丼で過半数が埋まるってどうなん。
それで、どういう流れだったのかなけっきょく(← さいきんこの疑問文多くない?)。いや、うん。ノリってこわいよね。しみじみ。
そんなわたしの感慨とは無関係に、某Y氏のファンカーゴ・ジントニック号は東大通りを疾走、筑波山に向け一路北上しておりました。車内で流れてたのはたしかドラえもんの古い映画のエンディング曲。夢の世界への旅路にはふさわしい音楽ねー。

※ご存じない方へ:ジントニック号は、バイオエタノール燃料で走る環境にやさしい自動車です。主として酵母菌が 有機物より産生したエタノールを利用し、化石燃料を消費しないため、地球温暖化を亢進する心配がありません。

ということで、現在筑波登山中の一行であります。
自分はといえば、MeltyBloodの歌が脳内ループしてた。
どういう経過だったのかなけっきょく(← さいきんこの疑問文多いよね)。
めんどいので、いつものように箇条書き。

  • はたちになったら覚悟してろとトニっち「みんな若いねぇぇ」
  • 愛をかたるやな「トニっちさんと同棲したいっ!」
  • やたらしみじみとつぶやくつく「同棲……。」
  • 三つ葉を排斥するみぽ「ハーブってくさいよ! あれなんのためにあるん?」
  • 唐突にやな「なるちゃんのご主人様ってやみなんでしょ?」
  • 計略をもらすつく「妹と同居したい。させる」
  • ついに勝負をかけるかやな「トニっちさんとホテル行くっ!」


こんな流れ。どんなじゃ。

とりあえず寒いぃ。
しかも真っ暗。
そして目の前には大量の謎生命体。その名も、三つ葉マン。
……サイバイマンみたいだね。しかも安っぽい。

この夜の筑波山、月明かりもなき路に嗤う三つ葉、三つ葉、三つ葉。
数はとりあえずいっぱい。たぶん千の桁。
彼らは我々に問いかける。
「三つ葉を。おまえたちは三つ葉を、愛しているか……?」


生きて帰還なるか!? いよいよ目が離せなくなるスペクタクル展開ッ! 乞うご期待!
(つくの日記につづく)

2 個のコメント。書きます?:

トニッチ said...

ここでははじめましてかな。
ということで、はじめまして(笑)
ふう、書き終わったよ。
てか、皆なんでそんなに面白いんだぁ!!!!!

やみ said...

はいはいはじめまして。???。

自分は話をぶっ飛ばそうとして結局ふつうになってしまったクチなのでなんとも。
つか、トニッチさんのまとめ方が剛胆すぎ。恐れ入りやす、姉御! って敬礼したくなる。さすがです。