2008-02-06

波乱のリゾット作り

リゾット作ろうと思い立ちました。
「また唐突に……」という指摘は予測済みです。
何を作ろうか決めないまま火曜市に赴き、入り口らへんで出来合いのリゾットパックを見つけ、唐突にリゾットを自作したくなった。以上が経緯です。説明おわり。
というわけで材料を適当かつ適当かつ大量かつ普段どおりに買い、部屋に戻り、さっそく野菜を切りました。

さて、今回のレシピを書いておきます。リゾットの作り方(抄)

  1. 材料を適当に炒める
  2. 米を入れてもっと炒める
  3. 汁をいれて味をつけて煮る
  4. 米がそれっぽくなったら終了


ようは「炒めものに米と水をたして作る煮物」です。中間産物として炒め物ができるわけです。そういうわけで手順通り、まず野菜その他を鍋に入れました。

  • たまねぎ2個
  • にんじん2本
  • きゅうり6本
  • にんにく1個
  • バター


鍋の8割ほどが野菜で満たされました。ヤバイ。
なにがヤバイって、この後には「煮ると体積が2倍以上になる」米が控えています。見た感じ、材料ぜんぶを入れたら鍋は10割まできれいに埋まるでしょう。その上に水をたして米を煮ようというわけです。不可能もいいところ、Mission Impossibleのタイトルが脳裏にちらつきました。

とりあえずこのまま加熱してみることにします。

……
わぁっ☆ まぜにくいっ
わぁっ☆ 下のほう焦げそうっ
わぁっ☆ 外にこぼれたっ
あはっ☆ たまねぎいい色っ


おお、水分が抜けてきました。野菜の占める割合も鍋の6割ちょいほどまでに下がっています。ちょっと材料を追加してみましょう。

  • 鶏もも肉550g


……
わぁっ☆ 8割占有に逆もどりっ
わぁっ☆ また外にこぼれたっ
わぁっ☆ 下のほう汁たまってるっ
あはっ☆ これじゃもう煮物だねっ


  • エリンギ2パック


……
わぁっ☆ 8割占有にもっかい逆もどりっ
あはっ☆ もうこれで完成にしちゃおっかっ


量をみた感じ、この状態でも5日分くらいはあるでしょうか。しかし完成品では、ご飯がこの量の煮物を押しのけて主役の座に君臨せねばなりません。必要な米の量などもはや見当もつかないというものです。
しかたないので、中間産物を分割の上、使わない分は備蓄することにしました。これで占有体積は鍋の3割程度に落ち着きます。量をみながら米を入れてみましょう。

  • 米4合


もはや「炒める」は無理っぽいので、適当に煮ることにしました。

  • ホールトマト的なもの400g
  • 塩・コンソメ・胡椒てきとうに
  • 焼酎ちょっと
  • 水いっぱい


しばらくしたら焦げそうになってました。もっかい水をたしてしばらく煮て、やっと終了。

やみ式えせリゾット mit 相棒 (III)
となりの鍋は備蓄予定の中間産物です。


では食べてみます。
……
んんー なんかつまんない味だなぁ。「ゆるいケチャップライス」ってかんじ。見た目もそんなだし。
粉チーズとチリーペッパをかけてみたけど、たいしておもしろい変化はなし。
まぁ、まだ4日分くらいはありそうだから、いろいろ実験してみようっと。ソースかけたり、醤油かけたり、卵落としたり、ドリアっぽくしたり。

  1. 買い物して部屋にかえるまで:40分くらい?
  2. 材料切りおわるまで:すくなくとも60分
  3. 中間産物を分けるまで:30分弱
  4. 完成まで:20分ちょい


ぜんぶあわせてにじかんはん…… やっぱり分量多すぎたか。そんなかんじしてたんだけどね。まあいいや。備蓄の中間産物も食材もあるし、しばらくは火曜市行かなくても平気になったっぽい。



みなさんご存じの大学循環バス(右回り)。
なんとセンターまで乗るときは整理券「なし」が一番安いのです。
大丈夫なのか関東鉄道……

0 個のコメント。書きます?: