2008-05-13

アンリミテッド煮物ワークス

1ヶ月後、そこには元気に歩き回るあの煮物の姿が!
ということで新企画。



物理学に質量保存の法則というものがあります。物はどっからかかってに沸いて出たり、無くなったりしないってことです。
これは私の煮物にも成り立ちます。つまり煮物は作った分しかできないし、待っていても増えも減りもしないし、食べた分しっかり減るのです。
そして逆に言えば、食べただけ常に再合成を繰り返せば、無くなることもないのです。無限回転が可能なのです。
「座学からは実践、理論があれば実験」が物理学ですから、これはもうやるしかありません。目指せ無限回転!

やりかた


  1. 適当に煮物いっぱいつくる
  2. 適当に食べる
  3. 残りは鍋ごと冷蔵庫へGo!
  4. ~次の日~
  5. 適当にあたらしく材料足す
  6. 適当に水足す → 味薄まる
  7. 適当にあたらしく味付けして煮る
  8. 適当に食べる
  9. 残りは鍋ごと冷蔵庫へGo!
  10. 以下繰り返し


1st day, 5/11


材料:にんじん、じゃがいも、豚肉
味つけ:コンソメ、塩、砂糖
???:わかめ、赤ワイン

謎煮物です。しかもふつうにおいしいという神秘。
【洋~和~謎】


The 1st



2nd, 5/12


追加材料:ニラ、豚肉
追加味:コンソメ、塩

ニラと豚肉の香りがおいしい煮物。ちょっと韓国風? 肉分が多くてうれしい!
ワインの香りはすでに微塵もしません。
【和~韓】

3rd, 5/13


ざいりょ:もやし、たまねぎ、春雨、片栗粉
あじ:鶏ガラスープ、塩、酢、みりん、酒、ごま油

スーラーっぽい煮物。爽やかおいしい。肉濃度がかなり低下してて寂しいことになってる。
すでにニラとわかめの区別がつかない。食べてみるまでわからんってことで「シュレーディンガーのニラ」とか名付けてみる。
【えせ中華】


The 3rd






それなりに続く予定。コメントにて今後へのリクエストを募集。

4 個のコメント。書きます?:

みほ said...

豆板醤入れてみてよー。
あとはカレー粉とか??

どうせ私が食べるわけじゃないし・・・。笑

やみ said...

どっちもふつうにうまそうだ。
豆板醤は最低限確定だなっ!

すずり said...

ご飯入れてリゾット風とか。
納豆ぶちこめー(*゜▽゜)

やみ said...

豆板醤入った~ うまい。
納豆たのしそう。そのうちやる。

溜まったらまたレポートするのでおたのしみに。