2008-10-03

食パンで遊ぼう2

「体力の衰退」と打とうとしたら「体力の錐体」と出てきてびっくりしました。
錐体細胞の変換から学習したのかな。なんかRPGのアイテムっぽいよね。
体力のは赤色がいいな。姉妹品は魔力の錐体(青)と知恵の錐体(緑)で。



こんどは「のせてから焼く」。このまえのの逆。
平パンにトッピングをのせる → いつもより長めに焼く → 食す → うまぁ゛


これの実験中はチーズにまみれてました。
かわりに、期間中ほとんど使われなかったマーガリンは 表面が酸化?して真っ黄色に。

黄色いところはなぜか甘い。



○ケチャップ、マヨネーズ、チーズ
ジャンクフードっぽいピザ的な味。マックのハンバーガーに近い感覚。
◎ベーコン(細切り)、チーズ
ベーコンをハムにかえてもOK。単純なものほど単純においしいって実感できる。
◎ネギ(輪切り)、チーズ
シャリっとさわやかな味。塩こしょうを軽くふるとすごく良い香り。
◎マヨネーズ、チーズ
マヨネーズのとろけてくる感じがとてもよい。個人的には意外なおいしさ。
◎たらこ、マヨネーズ、チーズ
ふつうにおいしい。けど上のと比べても大して違わない(たらこが増えれば違う?)。
○鮭フレーク、チーズ
これだけだと味気ないかな。鮭を増やせばちょっと変わる。鮭、焼くと干からびて味が落ちるのが残念。
△マヨネーズ
焼くと、まるで生のトマトみたいな香りに。味はいまいち面白くない。脂っこさが際だつだけ。
○マーガリン、砂糖
単純だけどふつうにおいしい。砂糖はかける量間違えるとえらいことになる。
△チョコ
予想通りだけどアレな見た目に。なんか負けたかんじ。
△マーガリン、ジャム
これも負け感。焼くと ジャムの味も香りもぜんぶ飛ぶ。
△メープルシロップ
焼くと香りが飛ぶ。予想通り。残った味はただの砂糖。これも予想通り。パンがさっくりと軽く焼けるのは利点(?)。
○ケチャップ
焼くと甘さがすごいでてくる。おやつにとても良い。楽ちんだし。
○ケチャップ、チーズ
なんというか、とてもアメリカンな味。ケチャップ好きなら◎。
○ウスターソース、マヨネーズ、チーズ
ゲテモノかと思いきや意外にアリな味。ソースを増やせばうまい棒味になる?
◎のり、チーズ
香ばしい。飲み屋メニューな味。のりは適当に刻んでつかうとよろし。
◎◎のり、ベーコン、チーズ
神がかったおいしさ。3つのうちどれか2つだけの組み合わせでも十二分。
◎のり、マヨネーズ、チーズ
おいしい。けど のりがなくても大して変わらない気がする。
◎のり、鮭フレーク、チーズ
まんま鮭おにぎりの味。香ばしい。
◎のり、たらこ、チーズ
これもおにぎり味。組み合わせ的にはタラコスパなのに不思議ふしぎ。
○コンソメ(顆粒)、塩、チーズ
コンビーフ的な味になった。スパイスが合いそう。
◎◎ミートソース(レトルト)、チーズ
反則な組み合わせ。スパゲッティソースとチーズじゃそりゃおいしくもなるわ。
◎◎ナポリタンソース(レトルト)、チーズ
これもチート。味も食感もまんまピザ。スーパーのピザより安上がりでおいしい。
○きのこクリームソース(レトルト)、タマネギ、チーズ
元のパスタソースがあんまりおいしくなかった。
○きのこクリームソース(レトルト)、ブルーチーズ、チーズ
同上。
◎じゃがいも、たまねぎ、ベーコン、チーズ
ジャーマンポテトを意識しまくり。おいしいけど 野菜の準備に手間がかかる(いもとか)。
◎じゃがいも、たまねぎ、ケチャップ、チーズ
ふつうにピザ。タバスコがよく合う。おいしい。
◎卵液
単体ではたいしたことないけど、味付けしだいで変貌する可能性が(甘くてもOKだとおもう)。
◎卵液、チーズ
上のに似てる。ケチャップがよく合う。
○ねり梅、のり、チーズ
ねり梅の量が難しい。ふつうこの組み合わせはパンとチーズじゃなくご飯だよね。
◎◎ツナ、のり、ベーコン、チーズ
ツナとのりの香ばしさがよく合う。ほかにないタイプの味。すばらしい。
◎ツナ、チーズ
想定外に香ばしい風味。マヨネーズがよく合う(個人的にはあんま好みじゃないけど)。タマネギもきっとよく合う。
○ブルーチーズ、チーズ
ブルーチーズかなり塩気強いから使える(量に注意)。焼くとにおいも半減するので食べやすい。
◎キムチ、チーズ
新しいテイスト。いっしょに焼いちゃうとキムチが辛くなくなるのでつまらない。



†「食パン」という単語の使用は「当該のパンが唯一食用となるものである」「食パンと呼ばれることのない他のパンは食用に適さないものである」等との誤解を招く可能性等があり、これによるパン間での不平等の解消という目的等の観点から、政治的正しさに配慮し、今後この単語を「平パン」と改めることとする。

――総務省ならびに日本民間放送連盟、2008年10月1日


.

0 個のコメント。書きます?: