2008-10-09

カメラ実験 I

機械を買ったら、いろいろ遊んでみないわけがありません。
そんなわけでカメラ実験です。シリーズ第1回のきょうは『接写』。




驚きの新事実。
どんなものでも接写にしてしまえばかっこよく見えます。




リモコン。最近のはカラフルだねぇ。
ちなみにこれ うちにあるやつじゃない。




グラボ。ヒートシンクがかっこいい。




トラックボールのボール。
この不思議な模様が生理的に嫌ってひともいるらしい。きれいなのに。






ひとを接写で撮るのは、なかなかにむずかしいものです。
よくよくブレるし、被写体の協力が必要不可欠だね。


某No.1


うちのオリンパスたんは最小1cmまで接近して撮れるけど、そのぶん焦点深度も浅くなるのでピント合わせがシビアです。





虫眼鏡代わりにもなります。


JPの不在票。紙の質感がわかる(いい紙使ってんな!)
右側は縮小してない画像。インクの載り方もちょっとわかる。




髪の毛。さすがに細かいザラザラまでは映らないっぽい。






なんと、マイクロレンズがわりにもなります!(なかばむりやり)


液晶モニタ。3原色のサブピクセルがくっきり。






そんなわけでおしまい。次回は『望遠』です。

0 個のコメント。書きます?: