2008-11-04

冷凍食品の意義を否定

冷凍食品と言えば楽。これにつきる。
ほとんどのはレンジだけで食える。
(そしてそのかわりに高い)

きょうは そのレゾン・デートルを否定してみました。
冷食をふつうの食材としてつかってみました。
べつに「ムシャクシャしてやった」わけではなくて、むしろムシャムシャしました(食事的な意味で)。

フライパンに油をしいて、生姜と玉ねぎをいれて、しばらくしてからたこ焼き投入。
あとはオイスターソースをベースに適当にあじつけっ!
できあがりっ!
超手抜きっ!

すべてがすべからく適当。


結果:おいしい!
新たな試み(≒ 企み)が成功したときってのはうれしいもんです。
おかかとごまがよく合います。ご飯のおかずにとても良い感じです。
ただちょっとソース多すぎて 甘くなっちゃったのが残念。

いっしょに写ってる汁は、インスタント味噌汁(を ふえるわかめちゃんと麩で増量したもの)です。

2 個のコメント。書きます?:

ずんこ said...

そういえば最近冷凍食品なんて買ってない…たぶんジクロルボスとかそういうのが出てきたあたりで買うのをやめてしまった気がします。
あと楽だけどレンジ使うから電気代が…でもこの調理法は楽ですね!

わかめとか麩ってなんでそんなに増量するんでしょ。

やみ said...

毒はこわいなー。まああんま考えてもしゃあないけど。
電気代はPCに比べたらたいしたことないさー。使ってる時間が短いものー。

>わかめとか麩ってなんでそんなに増量するんでしょ。
いっぱい入れたからです:-p