2009-02-28

ハイパーまとめ買い@カスミ&まるも

眠いときにコーディングすると不思議なことになってて楽しいです。
さっきCSSっていう、サイトのデザインとか決めるファイル書いてました。

~ ~ ~

やみはこんなふうに書きたかったのです。

table.tiny {border: #c0c0c0 1px solid !important;}

訳)tiny表には灰色で枠つけて。ほそ~く一本線で。他の指示より優先よ。

ところがです。ぼーっとしながらキーボードの上を滑った指はこんなことを口走りやがりました。

table.tiny {border: #c0c0c0 1px solid !impossible;}

訳)tiny表には灰色で枠つけて。ほそ~く一本線で。ってぇえええ不可能ッ!


プレビューしてみてもほそ~い枠つかないし(そりゃそうね)、
あれぇおかしいなぁって見なおしたコード
自信満々で、
インポッシボー!

これ。

なにおをもつてかいたのだ。
自分にツッコんだしだい。

~ ~ ~

……「サイト」ってなんだよってひとへ;

これです。perlよか色で困る。
最大の不幸は作ってるひとに配色センスないっつことね。






つづきもの?

カスミ行ったら、すごいひとだった。
ひな祭り用の飾りとか売りつつも、目玉は野菜の超安売り。

入り口んとこにすげえ根菜が積んであってさー、
「たまねぎ・じゃがいも・にんじん、いっこ10円、おひとりさま10個限り」
とかやってんの。
やってんの!

いっそメーリスで告知しようかとおもいました。
いっこ10円だよぢゅうえんっ!!
買いましたともっ! ええっ、10×3でつごう30個の300円っ! ホクホクでウハウハよっ!

でつぎまるも行った。
まるも。
カスミよかすごいひとだった。

なんかひな祭り用ケーキバイキングとかやっててさー、100円ケーキがいっぱい置いてあんの。
ここは甘いもの気分じゃなかったからふつうにパス。

牛乳とか卵とか安かったけど、そんなのぶっ飛ばしてくれたのがこれ、肉。
もうねきいてよ~どれもこれも半額なのよ~奥さん~

鶏もも100gで150円のやつ半額で75円。800g買った。
ひとパックで800g。やばいずっしり。大質量物体。
中身はもも肉 (XL) 三枚。さんまいて。一塊250g超えですよ。

あ、あとぶなしめじ安かったから買った。
なんか親しみ湧いちゃってさー、気付くと買ってるの。ぶなしめじ。
果物コーナーではおばちゃんがパイン切ってるの見た。切り方勉強になった。

この根菜どもと肉塊がどうなったって、いつもどおり溢れんばかりの煮物になりました。

あ の 肉 を 切 り 肉 を 裂 く 感 覚 が 忘 れ ら れ な い 。


きねんさつえい。ほれぼれ∀ ̄



常備野菜のストックもできてうれしいやみでした。

希有な被写体

雪っていいなぁ。
ナメてるっていわれてもいいもんね。
埼玉人には雪なんて純粋に珍しいんだけだもんね。
# 塵が積もって山になるのをずっと見てるってのが好きなやみです。これはあれです。ねくらというやつです。

子どものころから きれいな雪の結晶を見るってのがひとつ夢でした。
黒いシートの上に雪を受けてさ、それをルーペで見る。六角のきれいな平べったい氷が見えるのです。
むかしテレビ(ポンキッキかな)で見てもう憧れあこがれ。それから雪の日のたびに思い出してはチャレンジしてたのです。
なんせ年に1回あるやなしやのチャンス、今年こそは成功させようと、決意も新たに相棒のリンパタンもって外に出るのでした。

いじょうあらすじおわり。





雪を受ける板。

広い面積が確保できて
薄くて(冷えやすいように)
黒いもの
っていうとこれがなかなかないのよね。
大学のCarioを使うことにしました。妙に硬いファイルです。
これをしばらく外で冷やしてから、雪の下に置く。



おお、水っぽくない! いい雪だ!



かけら雪にピント合わせて撮るぜとるぜ。



おおおおおすげえええ見えるみえる!!



もっと近づけるっ!!






うまくいけば予想外にいい絵ができるっぽいです。やったね!



かたまってるとこもなかなか。



↑と似た形のやつはいっぱいありました。



こんなのが、



いっぱい。






逆に端っこが針葉樹みたくギザギザになってるやつはどうしてかレアです。細くなってるぶん溶けやすいんだろうねー。
気温が低ければ細かいギザギザがもっと見えたのかもしれない。



ここらへん わりと細かいのが残ってるかたまり。



しかしこうしてすぐ溶ける。






ちなみに1時間くらいかけてぜんぶで100枚ちかく撮ったけどほとんど失敗。
つまりこれは技術的困難です。挑戦です。ロマンです。

雪の結晶のなにが難しいって、すぐ溶けちゃうってとこ。
かけら雪ならさいしょから秒単位の寿命。
それが顔近づけたついでに鼻息なんかかかっちゃうと、90割増しのスピードで水に。あわわ……。
んで、保存にかかる時間を考えると 同じ結晶で二枚は撮れないのです。

きれいな結晶が落ちてくるのは確率問題。どんなにきれいでも撮るのは一発勝負。あとはひたすら待つまつマツ松茸。
外撮りは寒いし、レンズも曇るし、近づきすぎてピントずれるしで、もうたいへんです。



溶けかけも溶けかけできれい。



SFガジェット風味。
飛んでそう。



これは氷なのかな……



あ、わすれてた。
Carioの布地をみると結晶のスケールが知れます。こんなかんじの大きさ。



かえってわかりづらい気もする。
かけら雪いっこが「年」の字よりちょっと大きいくらいだった。






さてさて、こんなやみの強い味方はRAW撮りです。この被写体は暗いと明るいの差が極端だからねー。
RAWだといじって遊べる幅が広くてたのしいー。



補正しだいで妙にかっこつけた絵ができたりする。



このかっこつけた感じはなんだろうなーと思ってよくみたら、SONYだった。SONYのCMとかサイトとか、こんな写真好きそうじゃね?

バックはきほん黒で、
写真が切り替わりつつ何枚かでてきて、
そこに短めのキャッチコピーが載る。
さいごに商品名。



新製品サイト風。



「視る」という上質。


「撮る」という至上。


今、視覚の革命へ――


萌えごみ



「萌えごみ」のとこが「CyberShot」だったりしたらまんまSONYですよ。いやほんとに。






待つものは、運。


持つ武器は、リンパたん。


間を埋める、RAW補正


すべては、針葉樹撮影のために。


もういいって。



んなわけで、なかば運で撮れた針葉樹っぽい結晶。



補正はかなり強め。ぼんやり光ってるっぽく撮れた理由は不明なり。





満足したので、さいごに落下中の雪を撮ってみます。ISO50、F/3.5、1/1000秒、強制フラッシュ。






じゃっかん結晶の形が見えるような見えないような。


んなわけで、おわる。

2009-02-23

目玉揚げ

さきほど、非常にショッキングなことがありました。
わたしのコバトンストラップから、コバトンの人形が外れてしまいました。

外れたのが自分の部屋でよかったよーもう、もうちょっとタイミングずれてたら 教室か道端に落っことしてなくしてしまうところだった。
いま二度と外れないようにエポキシたん盛って静置してるとこです。
鍵束につけてた雪だるまキーホルダーもなくしちゃったし、さいきんついてないのかなぁ。
むかしっからあめだとなぜかじてんしゃこわれるしさー あめのひっててんしょんおちるわぁー


ぼしゅー
ぼしゅー
だれか
どなたか
わたしに
やみに
小っこくて
地味だけど
ちょっとかわいらしい
ような
ような
キーホルダー
ください。
ロフトには
ロフトには
なかった
なかった
(黄色い
ボンヌは
いた
うは)。





きゅーわかんだい
あたらしい卵料理はないものかと考えました。

焼きとか炒めはありふれてます。目玉とか卵焼きとかスクランブルとか。
茹でもふつうです。ポーチドってやつもやってみりゃぁたいしたことない。
蒸し。茶碗蒸しがあります。
……揚げは?

揚げがどこにもないではないか! これは試すしか!
試すしか!
試す!
試して
試した



こんなになった。
なかは半熟だぜ。



うらがえす。
揚げてる最中はこっち向きになってるよ(つうことは黄身のが軽いのかね)。




~かんたんレシピ~
  1. なべに油いれて火つける。中温。
  2. 卵(溶かない)いれる。
  3. すげえ撥ねてやばいからフタしとく。
  4. 半熟がやだったら途中でひっくりかえす。
  5. ちょっと音が落ち着いたあたりでひきあげ。



味はねー ただの目玉焼きとかわらん。
ちょっと外側のぱりぱりが増えたかなー
あと油っぽいかも。外側だけだからうまく紙に吸わせればよくなるかなー。


ちなみに。
2で溶き卵を回し入れると、こんなができます。



かき揚げっぽい。
食感とかはこっちのがおもしろいす。




こんなときにおすすめ。

  • 揚げ油とかきのうのまま出しっぱなし
  • フライパンはシンクに沈んでる
  • なんかあたらしいことしたい
  • ムシャクシャし(ry



ちなみに、やみが選ぶ揚げ物史上最強にかんたんなメニューは揚げハムです。
あっためた油にハムをそのままおとす。ぜんたいが黒っぽく音がおとなしくなったらできあがり。

サラダとかに入ってるカリカリベーコンあるじゃん? あれのでっかいのが手に入ると思いねぇ。生焼けも焦げも生じない、優秀な方法。
胡椒とかかけて食べるとうまいよ。ビーフジャーキーに近いおいしさが幸せだ。

2009-02-22

でんきーでんきーたかいーでんきーやすいーでんきー

久しぶりにやまや行きました。
スパゲチイ安くてテンション上がった。138円@500gとか。
もちろん買い込みましたとも。
だってレジに3.5kgも積んだのに千円弱だよ!





きのう電気プラン替わりました。従量電灯Bからナイト8。
夜11時から安い (70%off) かわり、朝7時から高い (40%on) っていうやつ。
夜型引きこもり生活万歳ですね。ちょっと危険な香りが……。でも昼は部屋にいたくなくなるから、ちゃんと起きて学校行く気もする。

ちなみに基本料金も上がるけど、全体の半分を夜に使えばとりあえず得になるよってかんじです。
# けいさんじょう 47%付近に損益分岐点がでてくるのです。あくまでけいさんじょう。


さて、当然夜と昼で使った電力を別に数えなきゃならんので、電気メーターを対応型に取り替える必要があって、その工事に来てもらいました。


昔ながらの 中で円盤ぐるぐるするやつが、


なんかフラットでカッチョいいデジタル式に!



新しいやつは、昼と夜の数字を10秒ごと?に切り替えて表示してくれます。

あと、制限ブレーカーを20Aから30Aに交換。
もはや従量電灯じゃなくなった我が部屋、60Aまでは基本料金増やさないで取り替えできるのです。
……まあ、いままでだってブレーカー落ちたことないんだけどね。


なんか古い20Aブレーカー。


ちょっと新しげな30Aブレーカー。



アンペア数で色が決まってるみたいだけど、こっちの緑の方が好きだわー。
ところでこの分電盤、よく見たら単相2線式です。つまり屋内配線から200Vを引けない。
使用量の少ないアパートだからって3線で引かなかったのかね。このほうが工事が安いとかあるのかしら(たんに古いだけ?)

そうしてまた一歩 飲み部屋の可用性が増した気がするのでした。

2009-02-15

うたげのあと

おいこんでした。
さんじかいまでおわりました。

さっきへやそーじきかけしてたら
「あれ、なんか引っ張っても掃除機ついてこなくなったぞ」ってなって
うしろみたら、そーじきひっくりかえってました。
なんか、なんだか、びっくりした。すで。





そーむてきには、
まえのひまでにやることほとんどおわってるし、
とうじつともなると
きがらくなもんです。

とかいってたらほんばん
ゆるみすぎたきもします。
ごめん。





あんさはきんちょーした。
なんかきんちょーとかすげえひさしぶりにした。

2009-02-13

オペレーション:ホイッパー

「補一派ー」って変換された ← タイトル


電動の泡立て器がほしいやみです。でもあれ、あんま使わない(と予想される)くせして、けっこう高いのです。
そこで考えたわけです。なにかしら回転するって機械なら、うちにいくつもあるのです。これをどうにか改造して使えないかと。
そうすると、とりあえず思いつくのは二つ、ミキサーとフードプロセッサー。

ミキサー(父親が持たせてくれた)はまんま液体をぐるぐるする装置です。ホイッパー代わりに使えるかもしれません。というか使えます。

フードプロセッサー(これも父親が持たせてくれた)は、ぐるぐるまわる軸にカッターとかおろし金とかをつけた装置です。きほん野菜をきざむか摺り下ろすかするのに使うけど、混ぜる用途もありです。混ぜる用で軸につける部品も付属してます。

けど、どっちにも共通でイヤなことがあります。分かりきっていますね。「父親が持たせてくれた」ってとこです。
……うそです。
どっちも容器が専用のに決まっちゃってるってことです。

とくにミキサー。終始一貫あの細長い筒のなかで生地を作るのでしょうか。あまり想像したくない苦労が想像されます。
あとこの純正容器ら、洗うのかなりめんどうです。
流しに、変な形した細かいカッターやらおろし金やらが溜まってる状態。これじっさい見るとけっこうテンション下がります。

しかし、そこで諦めてジャスコで安いのを探すってのじゃ、あんまりにも工夫がないです。
うちには回転するものがまだ、まだあるのです!
それはそう、もう気付いたかたもいるでしょうっ、洗 濯 機 です!

oh, joke.

そんなながれで、今回のオペははじまりましたとさ。









こたえ。電動ドリル(やっぱり父親が持たせてくれた)です。



リョービという社名、やみ的にはリョービフォントの知名度がMAXなんだけど、ふつうは金型製造とかで有名らしい。
そしてふつうの100円泡立て器。こんかいの犠牲者Vです。

オペレーションはシンプルです。まず泡立て器を柄から切り離して、上の針金のとこだけにします。それをなんかして電ドリにくっつければ、あとはハッピーにぐーるぐるです。

なわけで、まずは泡立て器と柄を分離します。



きわめてブツリテキな分離法。



プラスチックの柄に埋まってる金属台座を引き抜く方法も検討したけど、ちょっと難しそうだったからパス。ポリプロピレン製(予想)ってのはなかなか固いのです。
# 煙と臭いを恐れず 燃やすか溶かすっつう手も、あるにはあった。



切断途中。



かなり太い針金が根元に何本も集まってる状態で、ニッパとペンチをもってしても けっこう苦労しました。



切断途中。



すずりの髪でオリゼーしたときのことを思い出したやみです。なつかしみをおぼえつつ記念撮影。
……そういえばリラックマの尻尾、せぱれーとしたままだったなー。なーすずりーw



でけたっ!



やっとのおもいでフェーズ1おわり。取れたのは曲率が微妙にちがう針金5本です。これだけ切るのに半時間、工具握った手が痛いよ。



Vのさいご。なんとも無残な切断面。



この極めてブツリテキな図はちょっと切なくなります。
誰か、この柄だけでもほしくない? インテリアとかで、さ。



いっしょに取れた軸の金具。
針金はこのなか通って柄に挿さってた。



この金具みてたら、分子生物の授業をおもいだしました。いわく;

図9-23: ホイッパータンパク質の分子構成

whipperタンパクは合計で7つのサブユニットにより構成される細胞内攪拌因子であり、スベスベマンジュウガニのメレンゲ分泌細胞において最初に確認された。このタンパクの構成は、全体の軸となるaxisサブユニット、長くしなやかなstringサブユニット五量体と、それらを束ねるbindingサブユニットの複合体としてあり、この順で各要素が会合することにより成熟タンパクが形成される。

このタンパクは


じぶんでかいててわけわかんね。




さて、ここからフェーズ2です。柄から外した針金どもを、もとの泡立て器の形にもどさねばなりません。ううむ、これはむじゅかしい。

針金をてきとーに金具に通してみたのだけれど、ぜんぶの針金が同じほう向いちゃって、実用性に乏しいかんじになっちゃいました。アロンアルファ作戦も失敗。まあ敵は金属だしね。



適当にやってみて失敗したので、さきに形作ってみたの図。
輪にした針金をあとでまとめようとしたこの方針も失敗。ぷー。



五本ある針金は回転方向にうまく散らばってる必要があって、そのうえ高さがぜんぶずれてなきゃならない。この3Dな位置決めがたいへんでたいへんで。
針金だから、押さえてる手を離すと じぶんの居たい場所までかってに戻っちゃうんだよねー。金具の方もなんだか変形してくるし。

そんでいろいろ試行錯誤で一時間くらいつかいました。
……



これができあがったアタッチメント。



秘技・両手ペンチ攻撃!
調整がよがよして、いまやっと形になったよっ!



苦労した向きの分散。このくらいの偏りならまあー。



フェーズ2終了宣言! そして3へ……



さぁさぁ取り出だしたるはエポキシよ。



エポキシ萌え~
やみの大好きなエポキシ二液式接着剤ですよ!
萌えごみでの登場は夏休み以来だけど、じつはタンブラーの気密化改造とかでちょくちょく活躍してるのよ。



接着っつうよりは、エポキシパテの中に埋めて固めるかんじで。



二液のうちの硬化剤のほうは、聞くところアミン類らしいです。まあアンモニアの仲間だね。どおりで臭いわけだ。なんかもう慣れちゃって自分には落ちつく香りですが。

っあ、嗅いでみたいってひとは言ってくれれば出すよ!



ここがドリル歯とかを入れる穴。ネジになってて内径が変わる。



アタッチメント(Vが生まれ変わったのでV'とよぶ)から端っこ飛び出た針金を切り落として、いざ装着!



惚れぼれするくらいアレゲなしろもの。これぞハックでしょう!



電源に繋いで軽く回して針金の偏りを確認・除去、できあがりっ






さてさてエポキシが実用高度に達するまで最低一時間ンンン。そのあいだに、こいつでなにができるか考えることにしましょう。


え? なにか作りたかったからホイッパー自作したんじゃないかって?
やだなぁ。作ること自体がいっこの目的なんですよ。アレゲってそういうもんです。あっはっは。

2009-02-11

恋はいつだって唐突だ

……それはどうだか知りません。
けどこのブログっていつだって唐突らしい。
# 世の中唐突じゃないことの方が少ないと思うのは私だけなのでしょうか。

そしてそんな前文はやっぱりまったく関係ないのです。

むかしピタゴラスっておもちゃあったの、覚えてません?それとも、いまもあるのかしら。

なんか色んな形したブロック的なのを好きかって組み合わせて、あれやこれや形つくって遊ぶような、そんなやつ。
CMの声が「ピゴラス」ってイントネーションになってる、アレ。

そんなことをやってみたのです。








なんつうか、バランスの悪い字ですねぇ。まるでやみのノートみたいです。
でもじつはこれ、「れ」じゃないのですよ。






「そ」を斜めにして縦線入れたのです。








「ね」っぽい別の字。






ちょっと苦しかった気も。








「ん」です。







途中消します。






線入れて、「た」です。





顔っぽく見える字シリーズ。








 |
 |  ('A`)
/ ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄

↑こんなかんじ?






モリサワに限らず、教科書体の「な」は美しいと思います。













顔っぽい「さ」






「こ」がふたつ重なってます。













やみにはどっかで見たことある顔です。鬼か般若かはたまた天狗か。能面でもありそうな……






こうすると元の字にまで顔が見えてきます。わたしだけ?








元の字の形から逸脱してるわりには、けっこう自然に見えます。

……見えない?






「え」の形も美しくて大好きです。








「の」です。






縦線です。
(じつはこの縦線、ぜんぶの画像で同じの使ってます。「す」かなにかの横画から引っ張ってきたと記憶)






横線です。
(じつは略)






ちょん つけて「あ」のできあがり。





ひらがなをくるくる回すと、たまにふしぎな形ができて楽しいです。






じゃっかん魔王ジョロキア似の顔です。こっから元のひらがなが見えたらすごいかも。






そして唐突に終わる。