2009-02-03

かっぽんの迷宮 -The Great Dungeon of KAPPON-

かっぽんってなんでしょう。
かっぽんってなんでしょう……
かっぽんってなんでしょう……?

きょうです。びよ氏がかっぽんかっぽん言ってました。
ちょっと不正確です。もっと正確にいいます。
「びよ氏をその中心として、かっぽんトークが花咲いていた」です。

なんでしょう。
この、絶妙に心安らぐ響きはなんなんでしょう。
それはきっと食べものなのです。
食べものの響きだから安らぐのです。
未知の食べもの・かっぽんなのであります。

動物質でしょうか。水辺の生き物ってかんじがします。でっぶんとした若干大きめの両生類かハ虫類でしょうか。
お魚の類かもしれません。かっぽんというのは通称で、本当はクマフグとかいう名前だったりしちゃうのでしょうか。
貝の一種という線も考えられなくはありません。マイナーな貝で、地元の魚屋さんにしか売ってないのです。ちょっと独特の香りと食感だけど、酒によく合うような。
もしかして考えづらいけど、じつは予想裏切って虫なのでしょうか。ミミズの太いやつみたいなのを連想してみたりしちゃったりなんかして。見た目はアレだけど、中身はとてもおいしかったりするのでしょうか。うーん、ジューシィ~。

それとも植物質でしょうか。かっこんとう(葛根湯)ってスーパーで見るけど、あれの親戚なのでしょうか。実はたんなる読み間違いとか。
やみの言語感覚だと、かっぽんという響きはどうも柑橘類を想起させます。かぼす とか でこぽん とか ぽんかん とか、そのあたりから来たのでしょうか。
葉野菜のイメージはしません。根菜だったりしっくり来そうです。あまりスマートで青々とした都会的なイメージがしないからでしょうか。
山菜の一種という線もありえます。裏の山で採ってきたかっぽんを使って、芋を煮たりするのです。芋はもちろん里芋、タロイモ、ヤムイモのどれかです。

あるいは、菌類ベースの食べものかもしれません。菌類といえばとりあえずはきのこですが、やはり鍋に入れるといままでになかった香りが広がるような、庶民的な味のするものなのでしょう。
太い茎の大きいカサのついた、ちょっと暗めの色のきのこなのでしょうか。香りもいいですが歯ごたえが楽しめそうです。で、かっぽんと見間違って毒キノコを食べて中毒になるひとが年に数人出るのです。
それとも、細い茎が長く伸びた、あまり色のないちっちゃなきのこの集合体なのでしょうか。味噌汁に入れたりしてお気軽お手軽に使えそうですね。

加工品かもしれません。日本の得意な発酵ものという可能性は十分に考えられるでしょう。イメージに反して爽やかな味がしたらおもしろいです。
漬け物でもいいです。いろんな材料をまとめてつけるかんじで、中身は家庭ごとに違うのです。でも作り方が同じだから、なんとなく似たような味になる。来客があると我が家のかっぽんを出してたべさせるのですね。いいですね。
飲み物かもしれません。なにか木の実を搾ったような、変わった味がするのです。日本というより東南アジアのイメージです。種を絞ってかっぽん油 とかなのかも。
酒かもしれません。意外な線で飲み屋のカクテル、地域限定。あとは、韓国やら中国のどぶろく的なものなのかも。マッコリとか、チャミスルとか、そこらへん系の。

あと食べものじゃないけど、ポケモンにポッカンっていそうだなーと思いました。タイプ:おねえさん です。

……などと考えていたら、本家つまりびよ氏に否定されてしまいました。
いわく「食べ物じゃないです。擬音です」と。
私の心の中に広がっためくるめく地元名産品の旅は、いとも簡単についえました。
寒風の中でも芋煮の暖かさを感じていた私の心は、いっぺんに冷えてしまいました。
さむいです。
さみゅいでしゅ。
ちゃみゅうぃでゅしゅ。
しるか。

さて、あらたにひとつヒントをもらいましたので、この線で考え直してみることにしましょう。

ぎおん、です。
京都のあれとちがいます。
あっちです。ゴゴゴゴゴっていう方のです。ズキューンとかです。

かっぽん なんて使うシーンあるのかよ、そんな疑問の声が聞こえてきそうです。
そんなもん作ればあります。小学生みたいな主張です。でもねワトソン君、ないとは言い切れないんだよ。その証明が君にできるのかい?
悪魔の証明かい、ホームズ。たしかに 可能性がないとは誰にも言い切れないな。

そうなのです。
なんてったって世の中には、メメタァとかフヒューンとかバギオレェとか、そんな擬音にまで活躍の場があるのです。
しかもこんかい、話題の中心はあのびよ氏です。言語感覚がいいかんじに断層してるびよ氏です。詩人になれると思います。
氏がかっぽんと言えばかっぽんなのでしょう。なのですよ。

まず思いつくのは、なにかを遠くに飛ばしたときの音です。
重くて大きいけど柔らかいもので、軽くて小さいものをヒットします。
当然飛んでいきます。それはもう、青空に虹を翔る勢いで「かっぽーん」と。気持ちいですねぇ。

プラスチックのコップを重ねたときの音にもよく合いそうです。
いくつか連続で重ねてみるとかわいらしい感じです。かっぽん かっぽん かっぽん。
高速連射なら、かっぽかっぽかっぽかっぽかっかっかっかっかかかかかかかかっ! ぽん。とこうなります。

コップで思いつきました。紙コップをハンマーつかってつぶしてみます。
かっぽ。
もっとインパクトを垂直に、力を込めて。
かっぽんがっ!
違う、ちがう。床に当たっちゃダメです。フローリングに傷がつきますよ。うまく加減してもういちど。
かっぽん。
……とこんな感じです。そしてつぶれ方のパターンで役がつくわけです。投扇興みたいにね。

水中にストローを入れて泡を出してみます。
ぽぽぽぽぽぽ。
ストローを太くして先端形状を工夫するとそれっぽくなってきませんかね。
っぽっぽっぽっぽっぽ。
っぽっかっぽっかっぽっか。
ぽかっぽかっぽかぽかっ。
ぽんかっぽんかっぽんか。
ほらっ!

お祭りの射的屋です。コルクを発射して(かっ)命中(ぽ)、倒れます(ん)。かっぽん、完成です。
口径のでかい銃だと ずだがっばん、みたいになりそうです。的にはたぶん穴が開いてます。

ホチキスで紙をとめます。私にはあの音は「じゃこん」とか「じゃこかきん」とか聞こえるのですが、「かっぽん」と聞こえるひとがいてもおかしくはないです。びよ氏とかとくに。

荷物が届きました。大きい荷物で、壊れ物です。中にはアレが入っていることでしょう。楽しいあれが。ぷちぷちが。
こんかい荷物が大きいので、プチプチも粒が大きいです。1.5cmくらいの直径のやつ、見たことないですか? あれです。
力を込めてつぶします。かっぽんとつぶれるものがあるやもしれません。そうね20個に1個くらいは。

乾電池を充電してしまいました。過放電状態の電池は、なんだか液漏れのほかにガス漏れまでしてるみたいです。こわいですねぇ。
負極のあたりから音がします。「ぷーぷすぷぷ。っぽっぽっぽぽぽおっぽおぽっ。かかかぷぷっかっかかぷぱかかか」と。ホラーですねぇ。
そしてなにをまちがったかとつぜん爆発。「ぱん」というか「ぽん」というか、まあとにかくそんな音です。リアルホラーですねぇ。
そんなわけで、この前後の組み合わせによっては「かっぽん」ができますね。擬音というかただの音ですが。

精神状態を表す擬音と言うことも考えられます。
たとえば一限の教室です。寒いなか自転車をこぎ、階段を4階まで上がってきて、それでもちょっと遅刻気味に教室入るわけです。
……妙です。
……しずかです。
……だれもいません。
こんなときの気分です。心に穴が開いたような、それはもう空虚な気分です。「かっぽーん」と。
そして休講掲示板にはしっかり紙が貼ってありました。もひとつ「かっぽーん」。
私は難民です。なんだかお腹も空いてきました。「かっぽーん」。

まったく正反対に、気合いが入りまくったときの擬音なのかもしれません。
「カッッッポォォーーンッッ!! きたきたキタキタキタァ!! オレの五臓が真っ赤に燃えるッ! 萌えないはずのごみも萌え尽きるゥッッ!!」
とこんな調子です。さすがにおかしいですか? アニメなんてそんなもんです。普通っぽいセリフだってまじめな顔で音読などはできまい。つまり声優ってすごいよね。大塚さん若本さん愛してゆ。

そろそろ読むのつかれてきましたね。わたしもつかれてきました。
さて読者最大の関心事とはここです。もう記事の終わりが見えているいま、ここなのです。
でも残念ワトソン君、オチはないんだ。そういつものようにね。
答えはびよ氏がご本人のブログにて明かしてくださるそうですよ。
リンクに追加…… はよいのかな。わからんのでそのままにしとこ。
それでは、ATOKにかっぽんを名詞として自動学習されてしまったやみでした。

2 個のコメント。書きます?:

やみ said...

本文に書いても面白くなさそうなのでここに。

さらにヒントをもらいました。プログラミング関係だそうです。
そんなわけで、Enterキーを押してみましょう。「かっ」
するとプロンプロトとかコンソールがping(ぴん)を打ちます。
そのレスポンスのことをpong(ぽん)と申します。
あわせて「かっぽん」です。

おお、いままでのなかでいちばんそれらしい(?)仮説だぞ。

びよ said...

せえいかぁい!
や、わかってみると全然たいしたことないでしょ?笑