2009-05-27

青汁一族の陰謀

auの夏モデル端末が発表されたね。
Panasonicは夏モデル出さないらしい。半分撤退してるようなかんじ(?)。

で、biblioという機種に惚れました。
まだ機種変待ってたらこれ買っちゃうと思われ。

  • 断層ケータイ(一般的には「スライド式」と呼ばれる)
  • 3.5インチFWVGA++ (480×960) タッチパネル液晶
  • 5Mpxカメラ
  • 画面を横向きにするとテンキーがQWERTYキーボードに切りかわる
  • Opera 9.5が載った「新PCサイトビューアー」
  • 無線LANを搭載
  • プリセット辞書19種類(!)
  • データフォルダ7GB(!!)

なんかPDAみたいだ。たのしいガジェットの香りがする。
フルキーボード最高ね。ローマ字入力ですぱすぱメール。
あと無線LANが地味に便利そう。
Opera好きの変態やみとしては新PCSVにも心くすぐられる。
3.5インチはポケットには若干でかい気もする。

写真はこれ [gigazine.net]







まえのつづき。

さて、青汁と 青汁のもとたる青粉です。

前回の要約:
単独じゃ味にならない。
ゆえに水より牛乳に合うらしい。
甘味と相性がよさそう。

飲み物のほかにも粉混ぜてみようと思い立ちました。
候補はプリン、ホットケーキ、ふつうのケーキ、豆腐。たぶんどれもおいしい。
楽なのってことでホットケーキにしてみた。
# 豆腐自作はそのうちやってみたいなー。



まずふつうにつくる。




粉200gぐらいをベースにつくりました(たしか)。
砂糖、卵、牛乳。粉が入るので少し多め。
ベーキングパウダー、バニラエッセンス。てきとうに。
あとマヨネーズを試してみた。入れるとふんわりサクサクに焼き上がるらしい(キユーピーの研究成果による)。全量の5%くらいになってたとおもう。


混ぜた生地は半量ずつ焼くことにします。まず前半。
てきとーに裏返ししつつつつつ。




コメントすることがない……
横の鍋はたしかたけのこ煮物です。




焼けました。
似非メープルとマーガリンで食います。うまい。




初挑戦のマヨネーズ効果について、たしかに普段よりサクサク度が増してる気がする。味は変わりなしなり。

後半。さっきの生地に青粉ひとふくろを足して混ぜる。



粉をいれる。混ぜる。




混ざる。
予想外に濃い緑。良い香りだ。




混ざったらのこり生地ぜんぶ焼きます。



油脂が縁に集まってくるみたい。ちょっとだけおもしろい。




色と相まって蓮コラっぽい見た目です。ちょっと気持ち悪い。





蓮コラというのはグロ画像の一種で、ひとの肌に蓮みたいなボツボツイボイボを合成したやつです。イメージ検索は後悔するかもよ。



ひっくり返しました。こっちは平和的な見た目で安心。




焼き上がり。
火が通ればひっくり返しても恐くないです。




色。生地のころにくらべると緑っぽさがいくぶん薄れた。
味。ふつうにおいしい。抹茶ホットケーキといわれれば信じるでしょう。
マヨネーズ効果はやっぱりサクサク「な気がする」のレベル。




牛乳っぽいものなら何に入れても失敗はなさそうね。ミルクティーとか。
スープやらシチューも悪くないとおもう。
カレーに入れてもよさそうだ。えせエスニックなグリーンカレーもどきができる。
麻婆豆腐とか案外合うかも。


2009-05-21

はんぶんくらい食いものの話かいてます。

ふきを食いたくなったので、買ってきました。
ふきってあの、緑で細長くてすじの通った、真ん中を空洞にしたセロリみたいな、軽い苦みがおいしい春の幸せ野菜ですね。

ネットで調べたらなんか七面倒くさい下ごしらえが必要っぽい。
板ずり、下ゆで、皮むき、水さらし。

……あれ。前に使ったときはこんな手順踏まなかったような。
……切ってそのまま煮物に放りこんでたような。
……どう考えても山菜だしあく抜きしないのは不味いよなー。
……なんかWikipedia先生いわく、「肝毒性が強いピロリジジンアルカロイドが含まれているため、灰汁抜きをする必要がある」らしいぞー。


二年前のふきのせいで沈黙の臓器の沈黙が破れるなんて、まぬけすぎる(笑







このまえのマイク練んとき撮った写真。







よっぽどヒマだったらしい。




スタジオの退出を催促するフラッシュライト、なぜかカメラで撮ると光源が縦に移動する。







スミアみたいなもんなんだろーか。カメラ傾けて撮ればよかった。



これはふつう。



その1フレーム(1/30秒)前。
とんでもないとこが光ってますな。








肉ならなんでもフライになるのでしょうか。気になります。
気になったので「アメリカンポーク・肩切り落とし」に衣をつけて揚げてみました。
Q. なんですかそれ。
A. あの、コンスタントに一番安い豚肉です。

けっか。ふつうにおいしくできました。
しかも、元の肉が細かいので表面積が稼げて、衣がいっぱいつきます。油もいっぱい吸います。少ない肉でも腹をいっぱいにできます。なんと経済的な。

結論:フライは安くて細かい肉でやりましょう。







ようやくピクミン2クリアしました。
生物屋にとてもおすすめなゲームです。架空の生態系をまじめに考察してあって、いろんな種のわりと専門的な説明が読める。いいSF。


このゲームの水辺ステージにツブラメケメクジ







っていう敵が出てきます。これがなんか
アオウミウシ







に似てる。

  • ナメクジっぽい体
  • 青系を基調に橙
  • のろーりした動き
  • 花みたいな形したエラ
  • 突き出た目(ゲーム)/ 触覚(リアル)
  • かわいい


これはやっぱりウミウシをモデルにデザインしたんだろーか。
ちなみにエラを攻撃すると倒せるんだけど、死ぬと溶ける。







すごいリアルな3Dレンダラー発見。公式サイトにギャラリーがある。
http://www.maxwellrender.com/maxwell_jp/index.php [maxwellrender.com]
……なにこのレンダリング精度。用途しだいじゃカメラが不要じゃ。

現実の光を物理学で忠実に再現するようなやつらしい。MIDIでいうところの物理モデル音源みたいなもんかしら。
PhysXといっしょに使って3Dゲームしたら感動できそうです(とりあえずそんなハイスペックなPCがほしい)。

前に撮った目薬写真みたいなのレンダリングさせたら楽しそう。







以下ほっとくと溜まりそうな写真シリーズ。



合宿。




構造色美しいシリコンウエハー。蝶の翅みたい。
まだ慣れない携帯撮り。




まるもの本気。
全体像撮るのわすれた残念。




……フライパン1枚をふさぐサイズのハンバーグが製作可能です。







豆腐屋ジョニーとか作ってるとこのサイトがキテます。ここ [otokomae.jp]



むかし






やみにはどっかで見たことある顔です。鬼か般若かはたまた天狗か。能面でもありそうな……




とか書いたけど、「どっかで見たことある顔」ってマサヒロ [images.google.co.jp]のことなきがする。







さいご芸祭の日の写真のつづき。追越のあたり。



セクシーなのがスポークの向こうに。




「なんか変なの近づいてきやがった……」
もうわりと逃げたくなってきてる。




接近はしてもあくまで背中合せってあたりが猫らしい。




おわりゅ。
これ http://www.nhk.or.jp/strl/open2009/index.html すんごい見に行きたい。

2009-05-17

伝染るんです。、アニメ化。

らしいです。伝染るんです。っていうのは吉田戦車のマンガね。シュールで不条理で埼玉チック(と個人的には思う。超おすすめ)。
GIGAZINEでみてアニメ化しりました。好きなので宣伝してみる。えいやっ [gigazine.net]


そういえばついに換気扇の汚れを取りました。いまプラスチックが元の色でぴかぴかです。
換気扇用を名乗る洗剤の威力はすさまじい感動もの。いちど体験してみて損はないと思う。





以下この新緑の季節に撮り溜めた写真。
まず芸祭の日。



かわいい。まぬけづらめ。



なんかの花。なんの花だっけ。つつじ?



知らないひとにこれ見せて「種子島行ってきた」って信じ込ませたい。



パンもらいにくる鳩。
対岸飛んでようとエサ撒けば気付いて集まってくる。地味にすごい。



鳥が多くて写真的にたのしいこの季節。
でも飛んでるところは狙えなかった。




つぎ人間ていいな練の日。



すばらしく気持ちいい日でした。



きのうの嵐で水浸しの屋上。
影がくっきりいいかんじ。ティムとふたりで写真しゃしん。



ゆっくり揺れてる水がすごくきれいだったけど、この写真だと微妙。



「ボケ Bokeh という写真技法」なんだそうな。まーじーでー。
映るものが少ないほうがかっこよく見えるらしいとさいきん気付いた。



重ねがさねすばらしい陽気でしたとさ。



逆光もたまにはおもしろいなーと。

2009-05-07

青汁の窓

深夜1時から、流しの下の掃除をまたやりました。

毎回、画期的もといラジカルな方法を実行してはたしかな結果を出してる、そんな流し掃除です。
(それだってのに、このどぶっぽい臭いがいまいち消えないのはどうしてなんだろう)、な流し掃除です。

苦労しておくの配管にアクセスして、ヲギヲギした泥みたいな垢みたいなやつを出しました。
こんどこそ臭い消えますように。

いまは、はやく換気扇の油汚れ落としてみたくて もううずうずです。





ジャスミン茶パックが絶えたので、カワチにいってプーアル茶買ってきました。
これも変わった味がしておいしいです。

お茶パックではない、問題は。
袋ん中に青汁の試供品が入ってたのです。



たのです。



あの「まずーい! もう一杯!」ってやつです。
なにしろ名前がまずそうだもんね。あおじる。アヲヂル。阿遠路瑠。
そして罰ゲームの定番だった実績もある。
きっとおそろしくまずいのでしょう。期待が持てます。
とりあえずチラシを読んでみる。


青野菜は「体にいい」と言われても そんなに多く食べられるものではありません。

いや、くえよ。


牛乳に 豆乳に ヨーグルトに まぜるだけ。
鉄分・食物繊維・カロチン、1包3gで手軽に野菜補給。
毎日の食生活に+「青汁」

ふむ。


牛乳嫌い・野菜嫌いの孫も大ファンです!
「青汁焼酎割 おいしいですね!」
友達にも「キレイになったね」とよく言われます。

???????


ドクター関口がおすすめの品質100%

きっと提灯記事書いてるアヤシげな人物ですね。
このひと実在してるんでしょうか?(笑






細胞膜破壊

これはびっくりしました。
きっと「デトックス」って言いたいのです。たぶん完全に逆効果だけど。


アルカリ性食品

そんな懐かしい疑似科学用語持ち出されても……


農薬不使用

でも原料中国産。


おいしい! お抹茶風味です。

おいしかったらこのレビューの意味が8割方消失します。何としても期待にこたえてください。


牛乳・豆乳・水100ccの中に1パック3gを入れて、すばやくよくかきまぜてお召し上がりください。




とりあえず牛乳と水を50ccずつ用意しました。



袋から出した青汁粉。
ちょっと食ってみたけど、味がしない。粉っぽいだけ。



半量 (tuski.) ずつ投下。
だんだん下に沈んでいくのが見てておもしろい。



混ぜおわり。
色がこんなに違うとは思わなかった。




水の方はなんかまずそうな見た目です。微妙に透明度を残してるのが原因とみた。

で肝心の味ですが、水のはどっちかっていうとまずい部類です。
というか味があんましません。草っぽい香りに豆っぽい風味だけ目立つ粉っぽい液というか。
健康食品でビール酵母ってあるけど、あれに似てます。
分かりやすいとこだと、砂糖の入ってないきな粉が近いかもしれない。
液体物に対してなんというレビュー。
でも「飲めない」とか「まずーい」っていうレベルまでは遙かに遠い。

牛乳のはなんとおいしい
抹茶風味のコピーも伊達じゃないというか、とにかくふつうにおいしい。
粉だけじゃ味がしないところを牛乳がうまく補ってるという印象。
飲んだ感じは抹茶ミルクの甘くないやつです。




というわけで、個人的には何とも残念な結果に終わりました。
もっとまずーいのを期待してたのに。
地道な商品開発の成果ですね。やるなドクター関口。

豆乳・ヨーグルト・バナナジュースに混ぜればおいしいとおもいます。
焼酎割りはきっとまずいでしょう。