2009-07-30

やみ、鉄道博物館へ

# ブログに新機能つきました。
# 文章の気になる単語をドラッグで選択してみてくださいな。



近いのに行かない場所

やみは機械がすきで先端技術が好きです。
加えて電車がすきです(車の当社比約五倍)。

鉄道博物館ってのがあります。
三年くらい前?に埼玉に移ってきました。
実家から電車で500円ちょいの距離です。
しかも帰省の道すがらに寄れます。

あらためて書きだしてみると、
なんでいままで行かなかったのか不思議。
逆に近いとこうなるのかね。

と、そんな鉄道博物館に一念発起していってきたというはなしです。
ついでにニューシャトル(ゆりかもめ みたいなやつ)はじめて乗ったよ。



大量の電車と小学生と

一階は電車がいっぱい置いてあって、中入れたりします。
木でできた固いイスが整列してる古~い客車とか。
水色一色の食パンみたいな形の、ちょっと古い国鉄車両とか(← この系 [ja.wikipedia.org]。いま思うとこいつの顔はかわいかったな)。
昔の方が座席はふかふかしてたのかも知れぬ。


あとはひたすら小学生。
夏休みにヒマとパワーを持て余した小学生。
とくにオトコノコ。
ボタン押すと動く展示の周囲は、わりとつねに大興奮の渦です。
若いなぁ。



鉄なひと ≒ カメラ小僧

小学生に混じって、いわゆる「鉄道ファン」ってかんじのおじさんとかも来てました。
そしてみなさん例外なく一眼レフを持っているのです。それもでかい三脚付きです。
畳んでも1mくらいっていう三脚もって博物館まわるとか根性あるわぁ。




そんな人々を集めていた車両。
たしかに撮りたくなる気持ちわかります。




鉄分が高い人ってどうしてか写真好きだよね。しかし理由わからん。
と自分を棚に上げて言ってみるやみであった。まる。



懐かしの車両がたくさん

「はじめて外殻を鉄で作った車両」とかになると、やみには古すぎて懐かしくも何ともないんだけど、
たまには自分にもわかるくらい 適度に古い展示があったります。




ボンネット型特急というやつ。かっこいい。
目の前にするとけっこう威圧的。




あとは0系新幹線とか。正面の顔よりも




こっちのほうがノスタル爺かんじる。





先端技術ヲタ的に楽しめる展示はすくない。意外にも。

鉄道技術でハァハァできる展開を期待していたのに、これが案外少ないのです。
ボタン押すと信号機が光るとか、蒸気機関の模式図とか、ふつうっぽいのばっかりでした。




「押すと光る」特発
踏切についてる非常信号ね。五角形がかっこいい。




信号が光れば十分展示じゃんって言われそうです。
でもそんなんじゃ足りんのです。やっぱ、

使われてる交流電動機の違いを用途別にして解説とか、
VVVFインバータ動作原理を回路図ベースで説明するとか、
D-ATC制御を実際的な運行状況で体験できるとか、
台車の組み立て工場で使われてる専用重機のモデルとか、

そういうアレゲなのが必要でしょうがっ がっ

いや、おもしろいのもちょっとはあったけどねー。
たとえばこれ。古いタイプのマスコン(主制御器)の動きが見れるやつ。





電車が動き始めるときのです。バックの音でわかるけど。




カムをガチャガチャ動かして、必要電圧を発揮するように抵抗群を自動でつなぎ替えるんだと。考えたひと頭いいなー。

……でも抵抗制御方式って電力損失がでかいのでかなり前に絶滅してます。いまつかってるVVVF制御の説明がどこにもないところを見ると、この博物館では時間が止まっているのやもしれん。



密かにシミュレーターを売りにしてるらしい

シミュレーターって、つまりは電車でGO! みたいなやつです。

電車でGO! と違うとこは、3DCGじゃなくてムービーを使ってるとこね。
運転席から撮ったらしいムービーがシミュ電車の速度にあわせて流れるのです。

(なのでオーバースピードしてると周り歩いてるひとがみんなすげえ早足。
そして電車を止めると世界全体が停止する。風も吹かない。なんか笑える)



SLのシミュレーターがおもしろそうだった。
蒸気とか温度の制御?もできるやつっぽい。
人気らしくて予約が必要ときく。



そしていちばん感動したのは扇風機

あとは線路いっぱい敷いて電車いっぱい走らせてるジオラマとか。
流し撮りの練習に使わせてもらいました :-p

外にはミニ電車っぽいのを運転できる場所がある。
ここも大人気。小学生男子がすげえ。

で、これ。人体冷却効率のやたら高い扇風機が置いてありました。




こんなん。




見てわかるように水を噴霧する機械がついてる。
目の前に立つとその涼しさに感動できる。
そしてなんとなく台座の形がたのしい。

一瞬「うちにも一台……」と思ったけど、これだと部屋中水浸しになるわな。

2009-07-28

地球や宇宙をマウスでぐりぐりできる無料ソフトまとめ

タイトルはGIGAZINEへのオマージュです。

引きこもってても地球とか宇宙のことがわかる。
いい時代になったものです。
# 東京マグニチュード8.0、おもしろいです。

そんなわけで、いくつかソフトとかサービスを紹介してみようとおもいます。
あなたと波長が合えば、ちょっと遊んだだけで何時間か飛ぶやもしれません。
どいつもそれくらい強力です。



Google Maps


http://www.google.co.jp/maps

言わずと知れた地図サイト。
史上初の「ドラッグできる地図」で「検索できる地図」。たぶん。
そのあと似たようなサイトがいっぱいでてきたけど、いまだに一番使いやすいと思われ。
ちなみに、日本語版は「Googleマップ」だけど、英語表記の場合は「Google Maps」。









マップを自作できるのもたのしい。

ちなみに、こういう機能を使って絵を描いたりするのは日本人の得意技です。だれかやってるんじゃないかなー。

(四角と楕円と直線描く機能だけで痛車作ったりね……。海外でも大人気。
外人のコメント「なんてこった! 俺はゲームの中でも日本人から車を買うのか!」)









Google Transit との連携。これがけっこう便利で。

過去にはこんなネタもありました。

Googleマップで経路検索すると「大西洋を泳いで渡る」と表示される [gigazine.net]
現在では大陸をまたぐような経路は検索できなくなっているようで、それ考えるとふつうにバグだったのかもしれません。



あとGoogle Mapsといえばストリートビューですね。新聞の見出しで「SV」って略されると何のことかわからんっていうあれです。
撮影車がシカにぶつかったのが写ってたりとか、いろいろ話題に事欠かなくてたのしいっつう機能です。

エイプリルフール企画にはガチャピンがでてきてストリートビューの紹介とかしてました。
http://googlejapan.blogspot.com/2009/04/google.html




Google Mars


あまり知られてないけど、Google Mapsには姉妹品があります。


http://www.google.com/moon/





Google Moonもじつはけっこう昔からあるサービスです。
そのむかしは最高倍率まで拡大すると月面がチーズでした。
けっこう好きだったのにな、あれ。



http://www.google.com/mars/






Mapsと一文字違いのMars。
……狙ったんじゃないだろうな。

山の高さ21kmとかすげえよな。富士山の5.5倍。




Google Earth


http://earth.google.co.jp/, Google.






Google EarthはMapsをはじけさせた感じ(?)のソフト。
遊べるバーチャル地球儀的な。3Dでぐりぐりできてたのしい。
そしてよく分からない機能が豊富についている。

いまやかなりの人気ソフトで、Earthをやりたいがために
PCのグラフィックボードを買い換えるおじさんがいたりするらしい。

じつはNASAの出してるWorldWind [www.forest.impress.co.jp]っていうソフトがほとんど同じ機能でもっと前からあったんだけど、
Google Earthが出たらこっちの方が軽くて使い勝手がよかったので
WorldWindはサクッといらない子になってしまった。

Google Earthの衛星画像が米国以外でも高解像度対応になったころには
話題に上ることすらなく……。かわいそうに。








謎機能のひとつ「天気」。
天気予報みたいな画面を想像してたら、雲のレイヤーが表示されました。

ほかにもよくわからん「コミュニティ」とか。何に使うんだろう。
あでも外部サイトとの連携機能は強力。

ストリートビューはMapsのと同じなんだけど、写真を表示するときの演出がカッコイイ! 攻殻機動隊っぽい!









3D都庁。
3Dじゃない建物は地面に張り付いている。なんか間抜け。

Google Sketchupでつくった3D建物をユーザーがEarth上に好き勝手に配置できるという機能。









これはGoogle Sky。やっぱり謎機能のひとつ。
またよくわからんコミュニティ的なのがいっぱい表示されてる。
火星とか選ぶと「火星を読み込んでいます...」って表示されるのがちょっと笑える。




そして最大のおばか謎機能、「フライトシミュレータ」。
いよいよMicrosoftにケンカ売るかGoogle、ってかんじ。
でた当初は隠し機能だったんだけど、そのうちおおっぴらに宣伝されるようになってた。




F-16で皇居に着陸を試みます。




セオリー通りの手順を踏めば着陸もできる。
火星とか月でも飛べるという徹底ぶり(さすがに大気の有無はシミュレーションに入ってないみたいだけど)。



あとは、最新版だと海に潜れたりとかいう謎機能も。
15cmという驚異的な分解能の写真が使われてる場所があったり。
鮫に追いかけられてる漁船が写ってたり。
ロシアの軍事施設に黒塗りがしてあって見えなかったり。

そんなふーに、遊ぶだけ楽しめるソフトです。




Stellarium


ステラリウム。オープンソース。www.stellarium.org

デスクトップでプラネタリウムできるソフト。例によってマウスでぐりぐりできます。
この手のソフトとしてはかなり表示がきれい。あと3Dが軽い。
ちょっと時間早回しにして眺めてるだけでトリップできるよ。









こんなかんじ。スペース押せば選んだ天体の動き追いかける。

表示は日本語だけど内部はわりと英語のままだったりする。あと日本語入力できなかったり。
なので検索には英語の天体名のほうがよさげ。「Deneb」「Orion Nebula」とか。








星雲とか銀河の画像もなかなかきれいでよい。


さて、このソフトの神髄はプラネタリウムじゃなく、天体運行シミュレータにあります。
観測地の場所と高度に日時をあわせて、その瞬間の星空を再現可能なのです。

たとえばこのまえの日食の再現。場所は奄美大島。







周囲の景色まで暗くなるとことか、芸が細かい。




ところでこの日食、ひまわりで宇宙から見た写真が気象庁にあります。

丸いカゲが地球を這っていく……
ハリウッド映画で出てきたら間違いなく滅亡カウントダウンのシーン。
http://www.jma-net.go.jp/sat/data/web/suneclipse_observation.html



見れるもの
「南半球の星座」「昼間の星空」「極地の白夜」「3年後に海外であるはずの月食」

わかること
「あしたの日没時刻」「そのとき金星は見えるか」「いま月はどこらへんにある?」
「北極星の位置って数千年単位でどれくらいずれるの?」




WorldWide Telescope


Microsoft製。http://www.worldwidetelescope.org/.

WWTはStellariumとは似て非なるソフト。
バーチャルプラネタリウムじゃなく、バーチャル望遠鏡ってかんじです。
いままで出てきた中ではいちばんアカデミックな空気。




線をアンチエイリアス表示できるあたりが大好きです。





望遠鏡と言ってるけど、実体はNASAの膨大なデータベースにアクセスするためのフロントエンド。
X線とか赤外とかのいろんな写真が好きなだけ見れます。容量にして12TBとも100TBとも。
一生に見切れる量じゃとてもない気がする。

むかしよく宇宙写真をスライドショー表示するソフトが売ってたけど、
そんなのの数億倍(誇張なし)はすげえとおもう。タダだし。WWT.




オリオン星雲。
二つの写真を重ねてる。




超新星爆発。





楽しめそうなのは「Guided Tour」機能。
天文とか宇宙論っぽい話題を簡単な解説つき(ただし英語音声)で見れる。

英語はわかんなくても、「スーパァノーヴァ」なら超新星!ってわかるし、なんとなく何言ってるか聞ける(気がする)。




たまに写真だけじゃなくて図がでる。
これは重力レンズの解説。





ところで、なぜか惑星のなか、地球とか木星とかといっしょにマンデルブロ集合が入ってます。
謎機能のひとつに数えられましょう。












マンデルブロとかフラクタル図形がすきなひとは、これまたフリーソフトで
すきなだけフラクタル拡大できるようなやついっぱいあるから
遊んでみるとよいです。

ChaosProとかGNU XaoSとか。

2009-07-27

月に一度の

餃子の移動販売でございます。

というやつが、うちの目の前にやって来ました。
なんどか話題に上ったことがあったやつです。
ちょうどなんか食おうと思ってたところでした。
グッドタイミングというか、エクセレントタイミング。
気になっていたアレが求められる時に襲来したというか。
外にでて数十メートル、おっちゃんに声かけて2パック買ってきました。



これはキムチ餃子。
もう1パックは私の腹の中です。




ついでに、おっちゃん相手に世間話しを装いつつ諜報活動を展開してきました。
こちらの身分を悟られぬよう、ただの客の振りをしつつ、情報収集を行う……

以下は、そんな命がけの駆け引きを代償に得られた情報です。

  • ひとパック12個入り500円。
  • 肉・野菜・カレー・キムチ・ごぼうの各餃子が存在。
  • 車の中は商品とガスコンロとフライパン。焼いてもらっても値段はいっしょ。
  • かなり人気。行ったときすでに売り切れ寸前で、残り合計3パック(肉と野菜はSOLD OUT)。
  • 高麗とか隠れ天三の方から東大通りに向かって侵攻してくるらしい。
  • あからさまに学生をターゲットにしている。ワンコイン一括払いの手軽さは大きい。
  • 餃子を作るひとと売るひとは別々。売り手は契約方式なのかも。
  • 売りが終わってから本部に連絡して次の日の生産量を決定、よるに作る。
  • ↑ひと月にいちど?

つまり、世間話です。




そして餃子本体のスペックですが、大きさは若干小さめです。
ラーメン屋サイズよりは若干大きい、自作品よりは小さい、そんなレベル。

具材ですが、スーパーに置いてある冷凍のに比べると野菜の含有量がかなり多そうです。
ただツナギの粉がゼロってわけでもないみたい。

冷凍でひと月もつというので保存性は問題なし。
保存料ゼロを謳っていますが、多少は入ってても気にしないやみです。
農薬もそうだけど、最近のは安全にできてるからね(中国製除く)。

あと皮は薄い。焼き方に関係なくあんましパリパリになんない気がする(一度蒸したやつを売ってるせいかも)。これが鍋肌にひっついたらカタストロフ必死。

野菜はニラよりキャベツが優占してるかんじで、全体に甘め。
カレー餃子はもっとカレー味のほうがおいしいのでは? それか甘さを抑えてもいいと思う。
キムチ餃子は未体験なり。案外ごぼう餃子なんかダークホースかもしれん。


そんなカレー餃子の分解写真をあげたかったのだけれど、食うのに夢中で忘れてました。









ところでΖガンダム見終わりました。
そろそろ飽きてきたな……。いいながらΖΖ見ます。

2009-07-26

暑いと思ったけどまだ34℃か

ククク…… 今の電気プランは夏のクーラー…… フフフ……









おもしろい記事みつけました。
オタクが人気者になれない理由 [www.blog.net]
読んでていろいろ納得。

「頭がいいほど学校での人気が低い」「その系の人間は、実は人気者になりたいわけじゃない」「イジメの原因は、学校に明確な目的がないこと」みたいなことが書いてあ(った気がする)。


補足。

アメリカの学校の人気競争について。これがものすげえ熾烈を極める代物らしい。
アメフトでスター選手張ってるような体育会系連中をジョックと呼んでいて、こいつが頂点に君臨する階級社会みたいなかんじ。
→ ジョック [ja.wikipedia.org]



補足。

ゼロサム、ゼロサム・ゲーム。ゲーム理論の用語。勝者と敗者の利得 (gain) の合計 (sum) がいつもゼロになるゲーム。
自分の負けは相手の勝ち、自分が勝つためには他人を蹴落とさなきゃなんない系ゲーム。
有限の資源をめぐる競争とか、資本主義とか、現実社会の大半がゼロサムに分類される。









もうひとつ。
4000万円も損している日本の若者たち [jbpress.ismedia.jp]

「若者の投票率の低さは異常」「日本では人物本位で候補者を選んでもムダ」「日本以外だったらとっくに暴動が起きている」みたいな見出し書いてあった。

この文脈だと白票入れてくる意味もあんまなさそうだ。棄権よりはマシってレベル?









ハルヒ二期ですが、エンドレスエイトがリアルにエンドレスしてます。
同じ話がループしてて、このまえので六回目でした。
※本当です

涼宮ハルヒの憂鬱(新)第12話「エンドレスエイト」
涼宮ハルヒの憂鬱(新)第13話「エンドレスエイト」
涼宮ハルヒの憂鬱(新)第14話「エンドレスエイト」
涼宮ハルヒの憂鬱(新)第15話「エンドレスエイト」
涼宮ハルヒの憂鬱(新)第16話「エンドレスエイト」
涼宮ハルヒの憂鬱(新)第17話「エンドレスエイト」


いままでこんな調子。
このままだともうじき「エンドレスエイト8」に到達しますね。

また斬新な演出方法です……
夏休み中ずっとエンドレスしてたらおもしろいと思います。
毎回微妙にネタが違ったりしてけっこうたのしい。

# DVD買うひとには当然ながら不評なり。話数ばっかかさむからね。









政治っぽい話題ってはじめてなきがする。
麻生って外交も内政も失政はなかったのに何で叩かれてたの? [aresoku.blog42.fc2.com]

麻生閣下は2chではそれなりに評価されてるっぽい。









至高の名キャッチコピー集(メンズナックル・ストリートスナップ編)[matome.naver.jp]
〝大胆と書いてヨーロピアンと読むのがスタンダード〟

……日本語でおk?









わけわからんブログになってきました。
オチがつきません。
溜まってた写真を。

まず山ののつづき。



?実(未鑑定)。




彗星。




ケーブルカーのあれ。なんかいい。





背腹でかなり見た目ちがうよね。




顔かわいい。
毛が生えてる?




最後はパノラマ。
ひだりのコンクリ地面はつつじヶ丘。




山頂はなんつうかもう観光地でした。









「いい景色を撮る分には、ひとによっても大した違いは出ない。
なんでもないようなものを撮ったときに、写真がうまいかどうかわかるのだ。
写真がうまいひとは、絵になる被写体を見つけるのがうまいのだ」

みたいな話を聞きました。
なるほど、と思いました。

つまり、どうでもいい景色を撮ってもいい絵になるなら、私は写真がうまいのです。
買い物ついでにためしてみました。





















ダメ写真の数は倍です(これが成功品かは置いといて)。うーん。









「つまらない景色を探しに走り回る」って、よく考えたら非生産的です。
つまらない景色なんぞ、降りかかるのを待てばよいのです。

と決めたら、雨が降りかかってきました。
こ、これは…… わりとつまらない……!


























前よりはマシだと思います。









さいごに、なぜか残ってた写真。
ジャンクキーボード修理中。








つまらないもんでも接写すればカッコイイ!

2009-07-20

Genärtz Binn

ファーストガンダム見終わりました。
Ζガンダム見始めました。
クワトロって名前は小動物っぽいな。
オープニングの歌がいちいち時代を感じます。









さて、物理化学実験の時間です。
ネタは水。DHMOですね。
このまえみたくアンフェアな書き方はしないですたぶん (γ_β)

あ、いつもどおり携帯に優しくないブログ。PCからみてください。動画もあるし。http://kirmav.blogspot.com/


とりあえず写真。








はい、チーカマみたく膨れたペットボトルです。
ボトルに水をちょっと入れて、密閉したままレンジで沸騰させました。








このボトルを冷まします。
握りつぶしたわけじゃありません。








冷ますだけでこんなになります。




むだにかっこよく撮れた!




冷ますと潰れるボトル、動画。








このやる気のないつぶれ方はなかなか乙です。

再加熱でまた膨れます。二回目くらいでボトルに穴が開きました。








溶けてます。

ちなみに使ったのはお茶の入ってた一般用PETボトルというやつで、ようは耐熱でも耐圧(炭酸用)でもないふつうのやつ。
耐熱温度は50℃で、それ以上だと柔らかくなる?らしい。








水もしたたる いいボトル。



PETは
冷却 → 内圧が低下 → 大気圧に潰される
なる過程を辿ったことが想像されます。

そしてなんと、同じことがドラム缶でも可能らしいです。
つまり、水入れて火にかけて沸騰させたドラム缶のフタを閉じて冷ますと、大気圧でべっこべこにされてやんよです。









じゃあ、容器が潰れなければどうなるのか。
理論上は内部が陰圧になって、蒸気圧平衡を保ちつつ、温度が下がるかぎり沸騰をつづけます。
そして事実そのとおりになります。


1. 瓶に水と沸騰石を入れる。

瓶は未開封状態でフタが凹んでるタイプが良いです。今回はアオハタのジャム瓶を使いました。




煉瓦のかけらとか、シャーペンの芯(微妙)とか、半田の塊(ほぼ無意味)とか。





突沸防止に沸騰石は必須です。じつはPETのときも入ってました。これがないと瓶割れます。








突沸とか急冷がかかると、風船みたいな音を立てて瓶が割れます。
大きめの電球が過大電流でイッたときの音も似てる。








手を切るのでまねしちゃいけません。

という警告を無視して試してみるようなひとが、個人的には好みです。






2. フタをきつくしめて、レンジで加熱、沸騰させます。








動画だと分かりづらいけど、これで沸騰してます。

  • フタがしてあるから、100℃超えても沸騰しません。つまりイージーな圧力鍋です。
  • 水蒸気が中の空気をぜんぶ追い出して、瓶の中がぜんぶ水と水蒸気になるまで、このまま待ちます。
  • フタの隙間からシューシュー音がして、レンジのガラスが曇るくらいになったらOK.



禁則事項

瓶を直火で炙って沸騰させたりしてはいけません。
風船(中略)割れます。
フタしてなくても関係ありません。
実際に試したことのある人間が言うのです、間違いない。





3. 瓶をレンジの外へ

  • しばらくは沸騰が続きます。
  • やけどに注意。ガラスもフタも100℃超えててかなり熱い。
  • まだ加圧状態だから、傾けないように。ガスのかわりに水が漏れてきます。



禁則事項

加圧状態の瓶を開けちゃだめです。
急速に減圧して突沸が起きるでしょう。
あと水蒸気でやけどするかも。




4. あそぶ

ガスが出る音がしなくなったら傾けてもへいき。
沸騰がそれなりに落ちついたら遊べます。水をちょっとかけて冷ましてみよう。







冷ますと沸騰します。

手で持ってても沸騰します。

フタを息で冷ましても沸騰します。




しばらくは100℃オーバー。フタに乗った水も沸騰します。




温度が下がると瓶の蓋が凹みます。このときけっこういい音がします。

適当計測結果(©やみ)より、大気圧の半分くらいの力で押せばフタが凹むようです。
加熱をやめてもしばらくは加圧状態が続くことを考えて、110℃まで加熱した瓶なら95℃くらいまで下がれば凹むかな。

フタが凹んだら瓶の中は陰圧です。ジャム瓶だとフタの構造が弁の役割をするから、外から空気が入り込んで陰圧が破れることはないです(売ってるジャムもフタが凹んで気密もってるよね)。

瓶の中身が60℃になろうと40℃になろうと、冷やす余地のあるうちは沸騰が続きます。理論通りです。



禁則事項

瓶ごと水に沈めて急冷してはいけません。
やっぱり風船します。
やるなら手でも持てるくらい冷めるまで待ちましょう。





5. 再加熱

そのうち、気温と同じくらいまで瓶の温度が下がって、それ以上沸騰は起こらなくなります。
さらに冷蔵庫にでも入れればもう少し沸騰するかもね。

死んだら再加熱です。またレンジに放り込みましょう。
40℃くらいにでもしてから外に出せば、またしばらく沸騰してくれます。
フタを開けないかぎり、中の状態は温度以外に変化しえないのです。









ここからは読み飛ばすとよいです。減圧瓶の原理について。


Q. 温度が下がると沸騰するのはなんでだ?

簡単にいうと、瓶の中が陰圧だからです。つまり真空に近いのです。

圧力がかかってると、100℃超えても水が沸騰しません。圧力鍋の原理。
かかる圧力が小さいと、90℃くらいでも沸騰します。高い山の上とかね。
低い温度で沸騰するってことは、圧力が低いってことと同じ意味です。



Q. 瓶の中が真空になったのはなんでだ?

空気を追い出してから冷却したせいです。

密閉しつつ沸騰させた時点で、瓶の中は100℃越えの水と水蒸気だけになってて、空気は(水に溶けてる分をのぞけば)ゼロ。

このまま冷ますと水蒸気が水に戻って、気体部分の体積が1600分の1になります。
つまり気体が発揮する圧力も1600分の1です。これは日常生活的にはふつうに真空です。

実際にはそんないきなり真空にはならんで、ゆっくり圧力を下げつつ沸騰をつづけるんだけど。



大事なのは「中身を水と水蒸気だけにする」ってとこ。
PETやらドラム缶も、水を入れてから加熱しないと潰れてくれません。
ドラム缶を真っ赤に燃やしてからフタをしても、中がちょこっと陰圧になるだけで、べっこべこにはならないんじゃないかな。

大気圧の力は1kgf/cm。
中身がぜんぶ真空になったドラム缶(JIS規格200lサイズ)は、外から合計22tの力で潰される計算。

べしゃ。




Q. なんで冷ませなくなると沸騰が止まる?

沸騰が続くと圧力が補充されるからです。

沸騰っていうのは水が水蒸気になることだから、沸騰が続けばとうぜん水蒸気が増えます。
そうすると水蒸気が発揮する圧力も戻ってきて、沸騰に必要な温度が上がります。

さらに冷ますと、水蒸気がまた水になるので陰圧になって、沸騰が再開します。

逆に加熱すると、わりとすぐに「沸騰に必要な温度」に達するので、沸騰が再開します。けどこの場合、水蒸気の圧力も温度にしたがって上昇するので、温度だけ静かに上がるってこともあります。



Q. そもそもなんで圧が下がると沸騰するの?

逆です。
「なんもなければ水蒸気の方が自然なところを、押しつぶして液体にしている」のです。
だから圧がなくなるとガンガン沸騰して水蒸気になるのは、むしろ当然です。

ガスに圧をかけて押しつぶすと、ガス分子どうしの距離が小さくなります。密度が上がるからね。
で限界を超えて接近した分子は、互いの引力でくっついて落ちてきます。これが液化。
そうやってガスの一部が液になると、そのぶんガスの量が減るので、また距離が離れます。
結果、かかる圧がでかいほど液の量が増えます。

温度を上げると、ガス分子のよけいにエネルギーを持って加速します。
スピードがある分近づいても落下せずに飛び回れるようになるので、同じ圧力でも液の量が減ります。
圧を変えずに加熱だけすると、あるところで液が圧を破って空中に飛んでいきます。これが沸騰。



Q. いつまでも冷ましつづければ絶対零度まで沸騰しつづける?

「瓶が割れない」「気密が破れない」「中身が純粋に水だけ」なら可能かも。

ただ、温度が下がってくると圧力も下がって、そのうち水がぜんぶ氷になります。
氷がじかに水蒸気になるのは昇華であって沸騰とは呼ばないので、厳密には無理ってことに。

ちなみに低圧の物体は液体にはなりません。ぜんぶ固体か気体。
逆に水の場合、固体を押しつぶすと液体になります。スケートが滑る原理(エッジで潰された氷が水になって滑る)。



ここまで読んでくれたひと、もしいたらありがとう。

せっかくなので山で撮った写真をちょっとあげてみます。








複眼すげぇ。









あと、エントリのタイトルGenärtz Binnは似非ドイツ語で、「減圧瓶」って書いてあります。発音だけ。