2009-08-19

金沢よいとこ一度はおいで

べつに回し者でもなんでもないけど、やみは金沢が好きです。
横浜市金沢区じゃなくて、石川県庁所在地の方の金沢です。
まあ写真撮ってきたんでてきとーに眺めてくださいな。
(このエントリは、例によって写真をはりはりしつつ、見た人びとをなんとなく金沢に行ってみたいような気にさせるという、いわば布教プロジェクトであります)









金沢までは電車です。
駅とかを撮っとくのがセオリーなのかもだけど、実はあまり時間がなかったので まず目当ての兼六園へ。








わたしが思う金沢:城下町というか、街全体が城。

金沢城と兼六園の間にバス停があります。
さすがの観光都市で、バス路線が整備されてるのは楽でよろしい。
道路の真ん中が赤茶けてるのは、融雪装置の水に含まれる酸化鉄の影響(ようはサビだ)。







この坂を登ります。
土産物屋がいくらかあるけど、京都ほど多くはないのでそんなに嫌じゃない。








なんとなくどこを撮ってもそれなりに絵になる気がするのは気のせいだろうか……

ところで、撮ってきた写真がどれも傾いていたのはどういうことだろう(坂の多い街に慣れてないから?)。
現像のとき傾き補正しまくったせいで画像サイズがバラバラです。








無料開放日!
というかここに金を払って入った記憶がない。
きっぷのいいはなしです。








坂の延長っぽいかんじでいつのまにか中入ってました。








なんとかという池となんとかという灯籠となんとかという橋。








なぜか「野菜サラダ」という言葉が頭から離れません。








熊谷市の桜堤はいちおうわりと有名です。
でもこの桜はそれとは関係ないです。たぶん。
なぜって、兼六園に熊谷の桜が植えられてたりしたら、他に取り柄のない熊谷はそのことを黙ってるはずがないからです。








徽軫灯籠(ことじとうろう)。とりあえず定番の景色だから。
しかし観光客が多くて撮るの大変だった。
英語訳みたら "Kotojitoro Lantern"。ランタンかよ……

庭園と言えば灯籠だけど、それにしたって石川県の灯籠率は異常。
「地震のとき取るべきとされる行動」に
ガスの元栓、ドアを開放、机の下に隠れる、灯籠のそばから離れる、とあるくらい。
ちょっと前の地震でも「崩れた灯籠の下じきになって怪我」というひとが何人かいたし。









池から川。この先は噴水だけど、池の水位だけを使って水を持ち上げてるらしい。








うめぼし。いいかおりでした。








気付かないうちに兼六園から出てた。
こっちは金沢城公園。
犬を走らせたら楽しそうです。でも犬禁止です。








いりぐち。
開園時間が終わってたのでこれだけ。








植え込みたちが
ペトリ皿に生える菌コロニーに見えるのは、
帰宅したときのあの醸したおふとんの衝撃が、
未だに拭えぬからに相違ない。



……
ひだりの道に大型バスが停まってました。
なかからガイジンがわんさかでてきました。
みんなしてイッヒイッヒビッテビッテ言って…… ドイツ語だッ!
どうりで土産物屋の店員が困るわけです。
店員氏「ワン、サウザンド、イェン」
ドイツ『なんちゃらなんちゃらなんちゃらビッテ?』









いくら金沢好きといっても、よるになるまで歩き回る気はないのです。
そして、この時点でわりと夕方でした。
もうかえる時間。駅までバスじゃなく歩いてみようと思いました。








金沢はこの通り坂道と緑と城でできてます。
#ひでえ説明だ。
#ごちゃっとしたふつうの住宅街とかもあるよ。
#あと海沿いには高速が走ってます。








ここは21世紀美術館。わりとテレビとかにも出てくる。
このUFOっぽいベンチの形状が赤血球に見えます。
ちなみに座り心地はわるいです。

あ、ここの芝生は犬OK!








スクランブルをやめて斜め横断禁止になったらしい交差点。
奥は兼六園です。こんなかんじでふつうに道路とつながってる。








そしてやたらと緑が多い。
土地が余ってるんだろうか。








緑が多い。
なにげに三車線。
土地が余ってるんだろうな。









煉瓦っぽいあれは近代文学館(たぶん)。
信号が緑に埋もれて……

ここら辺はほんとどこ向いても絵になる。








わたしが思う金沢:バスだらけ。
わたしが思う金沢:道がやたら広い。

ここはなんとまさかの片側四車線です。
三叉路のもう二本はたしか三車線
つまり6+6+8でつごう20の車線がここに集結。
土地が以下略








わたしが思う金沢:バスだらけ。

バスレーンは一番ひだりなんだけどなぁ……







わたしが思う金沢:タクシーだらけ。

そこが一番ひだりでつまりはバスレーンなんだけどなぁ……
ところでおもしろい矢印信号。なんか別の指示に見えてくる。








わたしが思う金沢:タクシーだらけ。
わたしが思う金沢:駅前のよく分からない構造物

高層ビルもあるよ!

わたしが思う金沢駅:ホームでたまにへんな和風の琴っぽいジングルが流れる
わたしが思う金沢駅:0番線って響きが好きだったので復活を望む









おわり。
我ながらなんとまとまりのない。


……あ、そういえば布教。


…………………………


金沢いーとこだよー
写真すきなひとにもいいし庭マニア城マニアにもたのしいよー
町歩き好きだったらなおさらいいよー
美術館とかその系の物体いっぱいだよー(文化レベルの高さにはマジ憧れるんだが)
道端でたまに金箔の切れ端みつかるよー。うそだよー
駅前にKIMONO OFFあるよー。これはほんとだよー(けど今回見なかったな……)
あと数年で北陸新幹線つながって東京から一直線だよー

2009-08-17

帰筑 /kik/

です。
ひさしぶりの部屋に驚愕ポイントが見つかったら書くことにします。

部屋もどるたびに毎回なにかしらsurprised to beしてるきがするけど、
さて今回はどうかな……







たっぷり三週間ぶりのお部屋。
fungiが繁殖。つまり醸しました。
ふとんが、ざぶとんが、、阿鼻叫喚の様を、、、……!

いたずらになりにけり。have gone to nothing.

…………

「フハハハハハ! 我が殺人光線の前に手も足も出まいッ!」
ゆーぶいめっきん。







ひさしぶりに部屋のPCをさわる。
、と!

ぱその! がめんが!! でかい!!!
帰省中のノートから面積2倍超!!! なにこの使いやすさ!!!!



あと色ちがっ!

でかいほう → 現像用に偏りなく色調整してある
ノートの → 調整できない

くらべてみると、ノートは青がすげえ強くて かわりに赤弱い。
色温度9300Kくらい?
いかにもびじねす用っぽいがめんです。

つまり、部屋で現像してブログに載せた写真は
ほかから見るとやたら青い。赤が弱い。
……ということになってるんだろうなぁ。
これというのも(中略)Windowsの色管理がアレで(中略)(後略)


最近のいいテレビもってるひとは
パソでみてた写真をテレビに写してみると
おもしろいかもしんない。







醸してたふとんカバーが洗濯終わったのでベランダに出ました。
すごい。視界になんか見たことない建物が増えてました。
つくば三週間訪らざれば刮目して見よ。

そしてベランダの床から雑草が生えてました。
隙間にたまってたわずかな土の中から生えてくる。
この生活力はすごいね。繁殖するわけです。

あととなりんちのカーテンみたいなやつがうちのベランダまでくる。風でこうばさばさっと。
まえぶれなく変な音。
視界をよぎるクリーム色。
こええよ。







やっぱりつくば涼しいですね。
#窓開けても蚊入ってこないのが効いてるのか







部屋の片付けがよーやく区切りついてきましたが、

冷蔵庫の中にお茶が残ってました。
もちろん三週間前の。
なんて迂闊。

においは平気っぽい。
けど水中にあわあわしたのが浮いてる。
みればこれは液体培地で殖える菌体そのもの。

……

「フハハハハハ! 水攻めじゃ水攻めじゃ!! 押し流せい!!!」
バイオハザードのきけんをみぜんにはいじょしました。







驚愕ポイントもそろそろ打ち止めっぽいです。
すぐ合宿だしわりと適当です。
現像してる写真はあとで載せます。




実家の犬。
with 魔法装備「エリザベスカラー」。
processed 毛刈り。

2009-08-09

そんなわけで花火いってきた

こんかいほとんど写真だけなエントリです。



どの写真も数秒間露光です。三秒前後が多いかしら。




柳っぽく降ってくるやつ。




後から行ったのに三脚立てる場所までゲットできました。
おかげでブレ失敗がほとんどない!




青の偽色が……。




煙がこっちにくる。まっしろになる。




中心部。微塵もぶれてないのが気持ちいい!




落ちる途中で色が変わる。




花瓶の花っぽい造形がすてきです。




なんでこれだけボケたんだろう、MF固定だったのに。




しゅーるるって迷走っぽく流れてくやつ。




螺旋をまきながら流れるらしい。




最大広角。川の中州へんから打ち上げてます。こっちは橋の上。
たぶん有料観覧席よりも至近距離かつ好条件。




だんだん撮影技術が進歩してくのが楽しいのです。




狙った構図じゃなく、カメラ引くのが間に合わなかったのです。




実は雨かなり降ってます。
カメラ濡らせないし傘も三脚も必死。




見切れてるけど、下にもスターマインのシャワーっぽいのがあるよ。




ところでスターマインって、特定の花火を指す固有名詞じゃないんだね。




開いた玉は四つです。




色を優先すると形が写らないのか……




補正前提の撮り方ゆえ、RAW必須です。




レンズに雨がっ
撮っては拭き 拭いては撮り




こうするとかなりバイオレンスですね。




煙と一緒くたになって判別がつかない。




立体がおもしろい。




と、いつの間にか花火終わってました。
どうも雨が強くなったので高速対応したらしい。
さいごは予定終了時間を30分も置いてきぼりにするスターマイン超連発でした。


そして帰りはすげえ数のひとの数のひとの数のひとの略。
三々五々に散ってゆくグループの数のグループの数のりゃ。
じぶんは穴場民だけど、それでも脱出は大変でした。
駅までの500m、枡席にいたひとびとはそこを一時間が目安なんだって。
下手打つと終電逃すんじゃね。




仮説駐車場もすげえ車。こっから脱出するのに一時間とか。
しかし絵としてはなかなかにきれいで、ちょっと感心してしまった。




果てしなく続く。
雨の中ぬかるみを歩く人々が不憫です。




もっと果てしなく続く。
他人事なれば楽しんでしまう私:
「長いシャッター切る間も動かず待っててくれる被写体って最高!」




10分経ちました。
同じ車はやっぱり同じとこにいます。
かわいそうに。




やみはジモティー穴場ルート(というほどのものでもない)でさっさと帰りましたとさ。