2010-02-24

生物学演習とは一体何か

いや別に哲学的な問いとか悩みじゃなくてね。
ただ演習演習ということばが生物組から呪詛のごとく漏れ聞こえてくる状況にあたって、周りのひとびとの心境を代弁してみたの。みたつもり。


図1:論文の余白に残された壁画(トレース)。体長5.2cm。
凡例:腕の角度はわからなさを、目の細さはやる気の欠如を、体幹に相剋する螺旋は心のジレンマを、それぞれ表す。




生物学演習
能書き
「卒業研究の足がかりとして最新の研究分野を知り、整理し、まとめること。研究者の視点を持つこと」
意味
「分野決めて論文(えーご)読みまくって20枚2万字のレポートとして提出せよ」


20枚2万字ってのはあんまり見当がつかないけど、書き始めさえすれば3日で終わる量なんで大したこたない。ないはず。



ようは大量の論文を読むと。それだけなのだ。この課題のボトルネックは。

で量が量なので、地道に読み進めていくってタイプが成功します。そうだよね。時間は月単位でたっぷりあったんだし。

量が量なので、
専外の課題を締め切り十時間前から書き始めて締め切りの五分前に提出するような。
そうやって課題が毎度まいど書き割りの一夜城状態ってような。
そんなやみさんには致命的なダメージを与えかねないものなのです。

それが生物学演習なのです。



だからほら、わかるでしょう、誰がこの苦行を早々に離脱できるのか、誰がギリギリまで苦戦して五分前提出の綱渡りをやってみせるのか。

TONとかはあっさり終わらせてそうだよね。SZLやらYAMIは当然のごとくギリギリ。SYMNは自ら茨の道を進む決意をもって先生を選んだ段階で運命が決まっていたので、彼女に落ち度は無しと思う。

ちなみにこれ落としたら留年です。大丈夫、留年ならまだ辛うじて致命傷で済む範囲ですからね本当にありがとうございました。



え? 私? 出しましたよ。出しましたとも。
いまは印刷結果が正常だったかどうかだけが心配です。データ提出できれば五倍は楽なのに。
ともあれ、まれに見る綱渡りでしたよ。エクストリーム生物学演習。
いまだから言える綱渡り話もあるけど、まあそれは直接にでも聞いてください。


とにかく演習から自由になったやみさん、生きる喜びシャバの清々しさに謳歌しております。

演習提出完了
→ 空の境界七章見る
→ RPG2本クリア(含サンサラ2)
→ MOTHERとかもクリア(予定)
→ 飲み、飲み、飲み
→ Gガンダム全49話を1日で見る
→ 上の部屋でゲーム
→ お絵かき(図1)


ただ……、な。
専外の課題が残ってるんだな、これが。
あのね、もうね、(図1)



参考文献

  1. 鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活, Harald Stumpke (1987)
  2. 機動武闘伝Gガンダム, Sunrise (1994)

4 個のコメント。書きます?:

やな said...

サンサラ2クリアおめでとう!!!

わたしあれ大好き
幼稚園から今までずっと大好き
好きすぎて大学を決める際にインド哲学専攻しようか血迷ったほどだ

そよみん said...

どーもSYMNですwww

一日前にヨユーで書き終わったのに、platexに変換する作業に苦しんで、結局間際にだしましたorz

お互い提出できてよかったね!!
おつかれさまです!!

くわがた said...

お疲れ様です。提出できてよかったね。
Gガンは良いものなので、是非全話見てください。
「見よ!東方は赤く燃えているぅうう!!!」

やみ said...

>やな
いんてつwww
こんどMADARA2やらせる

>そよみん
おっつ
tex面倒だよね。
\begin{itemize}
\item \item \item \item
\end{itemize}
でも組版がきれいだから大好き。

>くわがた
どもです。
最終話のぶっ飛び具合がすげかった。
爆熱ゴッド石破ラブラブ天驚拳。
一行で笑わせる才能なんてすばらしい。