2010-06-30

さっき見た夢に脚色してみる; 布団の中で書きました

なあ。

ん?

実はこのまえから気になってることがあってさ

? なんだよ。

おそらく人類永久の疑問のひとつだと思うんだが、俺も急に気になりだしてさ。

だからなんだよ? もったいぶるなよ。

ああ、それじゃ言うが……

「バファリンの半分はやさしさでできている」ってコピー、あるだろ?

ああ、あれはアスピリンが胃を荒らさないようにしてる……

違う、違う。そっちじゃない。やさしさの方じゃないんだ。

やさしさの方じゃない?

そう、むしろその逆。つまりさ。

バファリンからやさしさをなくしたら、残るものは何なんだろう?

はっきりした答えを、まだ聞いたことがないと思うんだ。

うーん。それはたしかに人類永久の疑問だなぁ。

だろう。それで気になってさ。バファリンの錠剤を買ってきて分解してみたんだけど……

おまえもヒマだなぁ。で、なにがわかった?

うん。まずバファリンの中には、「やさしさ」と「それ以外」を分ける仕切りみたいなものはないってこと。

そりゃあ、そうだろうな。

だから錠剤を分解しても「それ以外」単独にはできないってこと。

うーん。謎は深まるばかり、か。

深まるばかり、だ。

……

……

ちょっと、思いついたんだけど さ。

なんだ?

いま考えてる「残り半分」はさ、結局やさしさをなくしたバファリンってことだろう。

つまるところそれって「純粋なバファリンそのもの」なんじゃないか。

それは新説だな。たしかに言われてみればそんな気もしてきた。

うん。俺もそんな気がしてきた。

じゃあさ、「バファリンそのもの」ってやつの、そのまた半分はなんなんだろう?

そりゃあおまえ、やさしさだろ。

やさしさだよな。

ああ。「そのもの」って言うぐらいだから、ふつうのバファリンより一段と高度なバファリン性を有している必要がある。

難しい言葉をつかうんだな。でも意味はわかるぞ。

「バファリン性」って中には、「半分はやさしさ」の文句が含まれていなきゃあおかしい。

そうだ、おかしい。

バファリンっていう語の定義からして、半分はやさしさじゃなきゃいけない。

そうだな、まさにそのとおりだ。

人類永久の疑問、これで解けたんじゃないか?

……

それにはひとつ大きな問題点がある。

? なんだよ。

人類永久の問題と言ってももいいであろう、回避不可能な矛盾が。

だからなんだよ? もったいぶるなよ。

ああ。それじゃ言うが……

いま俺たちは、揺るぎない仮定と厳密な考察から、「バファリンの残り半分」の正体を知ることができた。

錠剤の半分は「バファリンそのもの」だ。

? 何も問題ないじゃないか。

それが大ありなんだ。いいか、「バファリンそのもの」のさらに半分はやさしさだというところまでは話が進んだ。

じゃあ、その残りにあたる4分の1はなんなんだ?

そりゃあおまえ、さっきと同じように「バファリンそのもの」だろ。数学的帰納法から。

そうだな。そしてその4分の1のさらに半分もやさしさで、残り8分の1が「バファリンそのもの」になる。

ああ、だから何も問題は…… ハッ!

気付いたか。そう、この操作を永久に繰り返すことにより、バファリンという薬はやさしさだけでできていることになってしまう。数学的帰納法から。

数学的帰納法から。それじゃ反論できないじゃないか。

そのとおり、事実だ。

人類永久の問題、永久の矛盾、か。

ゼノンのパラドックスに似たような話があったんじゃないか。

「アキレスとカメ」か。奇遇だな。俺もおなじことを考えていた。

ギリシャ時代から人の頭を悩ませつづけた難問、人について回る業……

そういうことだ。それで、これをどう解決したらいいと思う?

……

とてもショッキングな事実だが……

やはり現実は、受け入れるしかないだろう……

……そうだな。

いま俺たちは、揺るぎない仮定と厳密な考察さらには数学的帰納法から、「バファリンのすべて」の正体を知ることができた。

現実は非情だ。それでも、あまりにも非情な現実を前にしてさえ、俺たちはそれ受け止めて一歩前に進まなきゃあいけない。

ああ、なんてことだ…… 声が震えてきた……

バファリンは、俺たちがガキのころから飲んでいたバファリンは……

やさしさの かたまり、だったんだ……!

クッ……!

つくづくひどい世の中になったものだ、暖かいやさしさでさえ金で購えるなんて。

ああ、さらには、その金で手に入れた汚いやさしさに、俺たちは何度も救われてるってことだ。

資本主義社会が奪う人間性、失われてゆく大切なものにも気付けない人びと。

たとえ気付いていたとしても、結局は安易な道に取り込まれることしか選べない人びと。

そう…… たとえばいまの俺たちのように。

……

……

どんな、やさしさ、なんだろうな。

どんな、やさしさ、か。

そうだなたとえば、この部屋の壁と天井に空いている計2個のマンホール大の穴の理由を、あえて問おうとしないお前が見せたやさしさ、とかじゃないかな。

ああ、ありがとう……

俺が思ったのは、うちの実家がバファリンの製造所だっていうのに、ずっとそのことには触れようとしないお前のやさしさ、だな。

ありがとう……

……

やさしさって、いいなあ……(涙ぐむふたり)


……こんど、さ!

こんど実家から母さんの固めたやさしさが届いたら、お前にもおすそわけ、するよ……

! ほんとうか!?

ああ、俺の性格、知ってるだろう。男に二言はないよ!

なんだか、救われた気持ちだよ…… ありがとう。

人類永久の愛、あのキリストも説いている、やさしさとは分け与えてこそ……!

世の中まだまだ人間性も、捨てたもんじゃないって、そういう、ことだよな……!



# とか言いつつ飲んだのは正露丸

0 個のコメント。書きます?: