2010-09-18

すばるくおりてぃ

ちょっとまえにtwitterでやってた「ピンチなう!」。ピンチな経験をつぶやくと抽選でレガシィ他が当たるという楽しい宣伝企画。
せっかくだしちょっと高校んときの話とか投稿してみた。

@pinchnow 友達に教科書借りて授業受けてたがいつのまにか寝てしまった。気付いたときにはページがよだれまみれのへなへなに……


そしたらなんか抽選当たったくさい。
当選しちゃった! レガシィ!
ついったで車当たっちゃったよ!!



ミニカーだけど。



でもいいんです! なんかやたらと嬉しいのどうして!
連絡あってから届くまでずっとワクワクしてた。
今日そいつが届いた。ひとに自慢しようと思った。オーケーいま自慢をしている。さあ猛烈に自慢だ。

ちなみに教科書はまだ使い始めだったんで後日自分のと交換ってことで収めたです。




ミニカー届いた!
ツーリングワゴン!
届いたんだよ!




同梱のレガシィパンフレットけっこうおもしろかった。
ピンチなうなときでも安心。

ステレオカメラ車載してて障害物を認識・測距。
でリアルタイムで警報表示。ぶつかる前に自動フルブレーキ。
駐車場からバックするとき間違って前進んでも衝突しない。
あと渋滞の「ちょっと進んでは止まって」を
全自動追従クルーズにわりと任せちゃったりできるらしい。

なにそれおもしろい乗ってみたいです。
渋滞追従とかスゴくないすか。工学の勝利じゃんね。




ミニ言っときながらけっこうでかくないか
エンブレム付き合皮で高級感ちょっとプラス+
それにしてもこの箱、カメラとだいたい同じ大きさ。
ミニ言ってるにしてはでかくないかミニカー!?




予想外のサイズに心が躍るしタイもヒラメも舞い踊る。
なんたって30名限定当選の非売品だもんねー!
わくわくわくわく。




ご開帳~ ってでかっ!
ご開帳~ ってでかっ!




なんと縦横が携帯と同じくらいの大きさ。
で高さもわりとあるっていう。
トミカとは違うのだよトミカとはァァァ!

お、アクリルケース取り外せるぞ。




こやつ…… かなり細かく作り込んでありますぜッ
近くで見るとこやつ…… かなり細かく作り込んでありますぜ。




前情報では「アルミダイキャスト製非売品」
としか聞いてなかったのだが、
実際んとこすげえぞこれ。

畳んだワイパーの膨らみやら、
ラジエーターのひだひだに至るまで、
しっかり再現されておりますわね。




こ、コックピットまで……ッ
こ、コックピットまで……ッ




ステアとかカーナビとかシフトレバーとか、
そんな内装まで作り込んである。
これはちょっと感動した。
きっとアムロ君のガンダムコックピット初体験はこんな気分だったんだね。「こ、こいつ動くぞ!」

※参考までにこちら、実車のインテリア [ja.wikipedia.org] です。




タイヤの溝もちゃんと掘ってあったりね
タイヤの溝もちゃんと掘ってあったりね。
「ミニカー」という言葉の軽さを裏腹にかなり強烈な再現度。




ねえパトラッシュなんだか「実車」って書いてあるの見ても「痛車」にしか読めないんだどうしたんだろうこの目は




本物の車とおんなじ塗装?
これってもしかして本物の車とおんなじ塗装?
なんかツブツブっとラメっぽいんですが。




まさか塗装にまでリアルを……
戦慄するやみ。おかげで写真がブレました。

ひととおり見たら次は裏から。




裏側はビスで固定
でひっくり返してみたんだが、裏側はビスで固定っぽい。




ビスがあれば外す。とりあえず外す。
〝それが可能であればどんなモノでも分解せずにはいられない、やみの本能みたいなものよ〟
はいはいわろすわろす。




外してびっくり。見えないところまでリアリティ追求。
外してびっくり。見えないところまでリアリティ追求。




〝『リアリティ』だよ!

『リアリティ』こそが作品に命を吹き込むエネルギーであり
『リアリティ』こそがエンターテインメントなのさ〟


ところでこのツーリングスピードワゴンさん
マフラーはツインがデフォなんですかね?








もともと台座に固定だったんだしタイヤは動かないだろーと思ってたが、
実物はこのとおりちゃんと動きます。軽~く動きます。こーろころっ。
あとホイールは軸で繋がってて左右が連動するっぽい。




なんとこのタイヤ、ゴムなんです。
このタイヤもちゃんとゴムなんですよー。
どおりでよくグリップが効くわけだ。
見れば見るほど充実のリアリティ、略して充リア /Julia/ ですね。




〝いいぜ
てめえが何でも固定するってなら
まずはそのふざけたビスをぶち外す〟

台座用のほかにもネジがあったのでもっと外してみた。

びっくり。車が上下2つにぶち分裂されました。か、上条さああん!




台車はプラ製
台車はさすがにプラ製か。




外からじゃよく見えなかったけど、
このとおりシートも前2列後3列
しっかり作り込まれてるんです。




コックピットふたたび
コックピットふたたび。




自分が小さくなって乗り込んだら……
とか考えてしまうのは
こないだトイ123をぶっとおしで見たからに違いない。




後ろ前にしたら楽しいかと思ってやってみた
で、後ろ前に装着したら楽しいかなと思ってやってみたんですが、
どうでしょう?




これはあれです。たぶん
前の車を威嚇するときのスタイルです。

「フー!」
「シャー!」







いやーなんつうかね、

ミニカー舐めてたわ。
正直ここまでとは思ってなかった。




正面顔が ちょっとカエルみたいで かわいい
ケース付きのほうが高級感出ていいかんじ。
正面顔がちょっとカエルみたいでかわいいんだ。





こいつはなかなか楽しいぞ。なんたって作り込みがよいのだ。

レガシィフリーク垂涎の品! つうのはさすがに言いすぎかしら。

でもレガシィ人気車種っぽいし
きっとファンも多かろうと想像する。って

あげないもんね!!!! これ俺んだ!!!!!









です。した。



そうそうスバルっていや実家の近くに富士重工の工場があって小の社会科見学で車作ってるライン見たわーといまさら思い出したよ。
いまもっかい行けたら楽しいんだろうなー。いいなぁ社会科見学。ゴミ処理場に浄水場にセメント工場なんてどこも見るてるだけで楽しいじゃんね。ああこの楽しみを小のころ知っていれば。



じゃそういうことで、
えんいー
(と今回ネタがいつにもまして古いやみでした)。

0 個のコメント。書きます?: