2010-11-04

コンロの電池換えたら胸がバチバチするほどsparking

そんな驚き。

何か火の点きが悪いしいきなり消えたりもするので
引っ越したとき買って以来ずっとそのままだった
コンロの電池を換えることにしました。





電池換えてみて
火をつける。






これってふつうの光景に見えますか?
見えるならいいんだ。
え? 「見えない」!?
ならいますぐ電池交換です。さあ!

やみはといいますと
点火シーンにびっくりでした。





まず
「コンロに電池なんか要るの!?」
ってポルナレフのために
電池抜いちゃったコンロがどうなるのか
お見せしましょう。






はい
火が点きません。
電池ないとスパークも出ないから当然です。

ガスの出てる音はするから
なんか適当に火花出せばすぐ着火するはず。
100円ライターのぐるぐる回す石とか
フリース脱ぐときの静電気とか。





で、これが電池換える前の
ようは古い電池入ってるときの
点火シーン。






新品電池のやつも
もっかい貼ってみる





点火ボタンから手離しても消えなくなった!

立ち消え自動消火とか
過熱/焦げ付き検知消火とか
それ系のの誤作動で消えてるんだと思ってたけど
(ちゃんと使えるときもあったし)
じつは「電池もう切れるよ」って警告の自動消火だったのね。


もうひとつ

胸がパチパチするほど高速sparking!

時間かけてゆっくり遅くなってくと気付かないもんなんだ……
いまみたら交換前後で火花でるスピードがなんと倍ほども違う。
つうか電池の残量でパチパチ速度が変わるとは……
# コンデンサに溜めてまとめて放電とかそういうしくみ?


あとさいご

スイッチ押してない方のコンロもパチパチしてる

ふつう気付くのか?
やみは知らなかったです。

そうかつまり、
片方からガスが漏れてるときなら、
もう片方を点火すれば、
2口まとめて火が点くってことか。
ちょっとひとをびっくりさせるのに使えそうだ。







コンロの電池交換したら -before-
これも電池残量警告だったらしい。



「おしらせ」って言われても
安全消火が動いたときと同じおしらせなので
区別が付かない。





 特徴

  •  コンロが点かない
  • 点いてもすぐ消える
  • 寒いとき調子悪い
  • センサ付いてない方のバーナーはふつうに使える


冬場寒いと電池が弱るじゃんね?
夜食にどん兵衛食おうとしたら火が点かない
ってなるので、そのまえに
電池交換しとくのがいいっすよ。
面倒じゃない昼間のうちに。

/*宿舎とかだと、ふつうに
温度センサーの故障として処理
されてそうで嫌。*/

2 個のコメント。書きます?:

びよ said...

うちのコンロ電池入れるとこが見当たらないってことは多分電池いらないタイプなのだろうが、これってどうやって点火してるんだろう?

やみ said...

いちばん古典的なやつで

つまみを回す
→ バネを絞る
→ 火打ち石(の現代版)バチン
→ 火花

100円ライターの「カチッ」ってのと同じ原理ね。