2009-08-09

そんなわけで花火いってきた

こんかいほとんど写真だけなエントリです。



どの写真も数秒間露光です。三秒前後が多いかしら。




柳っぽく降ってくるやつ。




後から行ったのに三脚立てる場所までゲットできました。
おかげでブレ失敗がほとんどない!




青の偽色が……。




煙がこっちにくる。まっしろになる。




中心部。微塵もぶれてないのが気持ちいい!




落ちる途中で色が変わる。




花瓶の花っぽい造形がすてきです。




なんでこれだけボケたんだろう、MF固定だったのに。




しゅーるるって迷走っぽく流れてくやつ。




螺旋をまきながら流れるらしい。




最大広角。川の中州へんから打ち上げてます。こっちは橋の上。
たぶん有料観覧席よりも至近距離かつ好条件。




だんだん撮影技術が進歩してくのが楽しいのです。




狙った構図じゃなく、カメラ引くのが間に合わなかったのです。




実は雨かなり降ってます。
カメラ濡らせないし傘も三脚も必死。




見切れてるけど、下にもスターマインのシャワーっぽいのがあるよ。




ところでスターマインって、特定の花火を指す固有名詞じゃないんだね。




開いた玉は四つです。




色を優先すると形が写らないのか……




補正前提の撮り方ゆえ、RAW必須です。




レンズに雨がっ
撮っては拭き 拭いては撮り




こうするとかなりバイオレンスですね。




煙と一緒くたになって判別がつかない。




立体がおもしろい。




と、いつの間にか花火終わってました。
どうも雨が強くなったので高速対応したらしい。
さいごは予定終了時間を30分も置いてきぼりにするスターマイン超連発でした。


そして帰りはすげえ数のひとの数のひとの数のひとの略。
三々五々に散ってゆくグループの数のグループの数のりゃ。
じぶんは穴場民だけど、それでも脱出は大変でした。
駅までの500m、枡席にいたひとびとはそこを一時間が目安なんだって。
下手打つと終電逃すんじゃね。




仮説駐車場もすげえ車。こっから脱出するのに一時間とか。
しかし絵としてはなかなかにきれいで、ちょっと感心してしまった。




果てしなく続く。
雨の中ぬかるみを歩く人々が不憫です。




もっと果てしなく続く。
他人事なれば楽しんでしまう私:
「長いシャッター切る間も動かず待っててくれる被写体って最高!」




10分経ちました。
同じ車はやっぱり同じとこにいます。
かわいそうに。




やみはジモティー穴場ルート(というほどのものでもない)でさっさと帰りましたとさ。

2 個のコメント。書きます?:

ティム said...

うわー凄い凄い!
あの花瓶の花みたいの花火本当に綺麗だよ

あああ僕も三脚買おうかな。
そうしたら数秒間露光しても大丈夫

やみ said...

ちゃんと花瓶っぽく撮れててびっくりしたんだぜ

三脚便利だけど つかえないことも多いからなー
買ったのちっちゃいやつなんだけど、それでもあると重いのよね(笑